【女と男の隔たり】セックスの始まりと終わり:前編

 メンズサイゾーの【エロ体験談】で、前人未到の賞金レース6連覇を達成した常連投稿者・隔たり。投稿すれば賞金ゲットというほどの人気を誇った彼のことは、エロ体験談愛読者の皆さんであればよく覚えていることだろう。

 今連載では、そんな隔たりが「エロ」と「セックス」について考える。痴的好奇心旺盛なエロ体験談王者は、何を語るのか――。

 

【女と男の隔たり】セックスの始まりと終わり:前編の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

セックスの始まり

 久しぶりに見た観覧車は、昔見たときよりも優しい印象を抱いた。

 初めてお台場の観覧車を見たのは中学生の時だった。周りにたくさんの大人のカップルがいて、僕は人混みに埋れているような感覚だった。

 その大勢の人の中から見上げた観覧車はとても力強く、まるでお台場の地にあることが誇らしいかのように、どっしりと立っていた。その大きさと比べ、自分という存在はなんでちっぽけなのだろうと感じていた。


「どうしたの?」


 横にいたランにそう尋ねられ、僕は慌てて思考を現在に戻す。あれからもう、10年以上の時が経ち、僕はもう社会人になっていた。


「いや、昔お台場に来てたことを思い出してて」


 社会人と言っても、今僕は会社を辞めて働いていない。いわばニートだ。


「この観覧車を見たのも久しぶりだなって」


 観覧車はゆっくりと、時計の短針のように優雅に回っている。中学生の頃に抱いた壮大さは感じず、いまは「焦らなくていいよ」というような、柔らかなメッセージを伝えてくれているような気がした。


「そうなんだ。乘る?」


 あの頃、僕の横には当時付き合っていた彼女がいた。彼女とは観覧車に乗っていない。

 そして、いま僕の横にはランがいる。ランは僕の恋人ではない。


「どうしようかな」


 僕とランはマッチングアプリで知り合った。ニートの自分を肯定するために、女性とセックスできたらいいなと思って使っていたら、ランとマッチングした。

 ランの返信はとても優しくて、文体から人柄の良さが伝わった。

 その印象をランに伝えると、


「いや、そんなことないですよ。頼まれ事とか断れない、いわゆる自分の意見を言えないタイプなだけなんです」


 と返事が返ってきた。

 なので、私が「会おうよ」と誘うと、あっという間に約束が成立したのだった。

 待ち合わせ場所で初めてランを見た時の第一印象は「韓国美人」だった。黒のレースとスキニーを着ていて、体が細かった。韓国アイドルにいるような見た目に僕は驚き、ものすごく興奮した。

 実際に韓国の血が混じっているのか聞いてみたが、純日本人らしい。僕は今でもそれを信じられずにいるほど、彼女の見た目は韓国人のようだった。

 そんなランを見て、僕は急遽「お台場行かない?」と提案した。突然の僕の提案にランは一瞬戸惑っていたが、すぐに「はい」と僕の意見を受け入れてくれた。

 これまでマッチングアプリで女性に会い、何人かの女性とセックスをした。セックスをした、だけだった。その女性たちとは、それ以上もそれ以下もなかった。

 僕はランを見た時、直感的にこの子とデートをしたいと思った。僕は女性とただ会ってセックスすることに飽きていたのだ。セックスが確約されているのではなく、これからどうなって行くのだろうというドキドキを味わいたいと思ったのだ。

 そういった理由で僕らはお台場にいる。ご飯を食べ終わった後、今こうしてふたり、横に並びながら観覧車を見上げていたのだ。

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック