中出し好き三十路OLが語る「マンガ喫茶ナマ中SEX」体験! ~ブッ飛び素人モデルFile~

中出し好き三十路OLが語る「マンガ喫茶ナマ中SEX」体験! ~ブッ飛び素人モデルFile~の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 102】

中出し好きの三十路OLが語る”マンガ喫茶でナマ中SEX”された衝撃過去/若子(30歳・OL)


 AVではすっかり定番になっている”中出し”行為。

 この記事を読んでくださっている皆様の中でも「どうせなら生で挿入させてもらって、中出しさせてくれたら嬉しいけどさ」って方が多いんだろうと推察されますが…。

 実際に「俺、セックスするときは必ず中出ししてるけど?」なんて一般男性はどれだけいるんでしょうね。

 エロ本編集者兼カメラマンとしてハメ撮りすることを仕事にしていた僕にしても、中出しした経験なんて本当に数えるほど。

 女性側の立場に立ってみても、妊娠や性病のリスクがありますから。妊活中の奥さん以外「中出しさせてもいいや」ってなタイミングって、そうはないですよね。

 ところが、世の中には「積極的に中出しされたい」という、変わった女性がいるものでして…。

 その日の素人モデルは、普段はOLをしているという若子。三十路ながら可愛らしい顔をした性格良子さんで、オッパイが小さいのだけがタマにキズ、ってな女性でした。

 そんな彼女を相手にお互い全裸で気持ちいいことをしながら撮影を進め、ボッキンキンになったところで「じゃあ失礼して、お邪魔させてもらいますね」とコンド―さんをチ〇ポに被せてたときです。


「やっぱ付けますよね」


 若子がボソっとつぶやいたんです。

 ちょっとは気になったんですが…せっかくいい感じに勃起してるとこだったので、この機を逃すまいと、とりあえず挿入。

 パシャパシャとシャッターを切りながらパコパコと腰を振り、


「ああ、締まり良すぎじゃないですか…めっちゃ気持ちいいんですけど!」


 なんて言いながらゴムの中に大量発射したんです。

 で、お互いにグッタリしてベッドに横になったときに、挿入する前の”やっぱ付けますよね”発言について聞いてみたんですね。

 

「もしかしてナマの方が好きとか?」

「いや、付けてくれて良かったんですけど…」


 と、何やら歯切れの悪い若子。


「え、なになに、気になるじゃーん」

「ですよね…今はそうでもないんですよ…でも、ちょっと前まで…中出ししてもらわないとヤッた気がしないというか…」


 面接のときに”かなりのセックス好きで火遊びにも積極的”だって話は聞いていたんですが…そこに中出し好きだって特異性がプラスされるとは。

 しかも、話を聞けば、


「乱交パーティで参加していた男性6人全員と中出しセックスした」


 なんてこともあったそうで…。

 一体なぜ、そんな性癖に?って思うじゃないですか。

 もちろん、黙ってられずに聞いてみました。

 すると、彼女が衝撃の性体験を語りだしたんです!


「初めて中出しされた相手は50歳のおじさんでした。私が女子〇生のときなんですけどね」


 当時、親に内緒でマンガ喫茶に通い、個室でエッチな漫画をオカズにワレメをいじるのを趣味にしていたという若子。


「声は抑えてたつもりなんですけどね。人の気配がして恐る恐る上をみると、おじさんが覗いてたんです」


 すると、おじさんは小声で「手伝ってやろうか」と若子に言い…。


「なんか断れなくて(笑)」


 狭い個室におじさんを招き入れたのだとか。

 聞けば、そのおじさんというのは、決して彼女のタイプではなく、下品な顔をしてでっぷりと太った中年男。

 しかし、そんな男に指マンされて、ダラダラと愛液を溢れさせてしまったという若子。さらに、指マンされながら、


「なぁ…チ〇ポ欲しいんだろ?」


 と耳元で囁かれ、頷いてしまったというから驚くじゃありませんか!

 そして、興奮したおじさんが生のままチ〇ポを突っ込んできて、そのまま中出しされたちゃった、というんですね。


「その後、普通に彼氏ができてエッチをすると、みんなゴムをするじゃないですか。その度に、おじさんの精子がオマ〇コに溢れたときの感触を思い出すんです。それで、中出ししてって頼むんですけど、妊娠したらどうすんだよって断られ続けて…」


 こうして、中出しへの欲求がどんどん高まっていった若子。

 以後、ヤリたいだけの中年オヤジの方が自分の願望を叶えてくれるに違いないと考えて、出会い系に手を出すようになったのだとか。


「気のせいかもしれないけど、ちょっと髪の毛が薄いのに体毛が濃い感じのおじさんの精子の方が、濃い気がして好きなんです。それに…」


『あぁ、私、こんな男に妊娠させられちゃうかも……』


 そう思えば思うほど、オマ〇コからは愛液が溢れてきてしまうのだとか。

 こうして、ピルを飲みながら出会い系で中出ししてくれる男を漁るようになり、もう何人もの男の精子を受け止めてきたか分からないという若子ですが…。

 実は、この日のハメ撮りからさかのぼること半月前、セフレだと思っていた男友達からプロポーズされたそうなんですね。

 

「返事はしてないんですけどね。どうしようか迷ってるっていうか(笑)」


 なんて言いながらも、


「彼のほかにもセフレは何人かいるので、相変わらず火遊びはしてるんですけどね」


 と笑う若子。しかし…。


「プロポーズしてくれた彼以外とは、中出しエッチするのはやめようかなと思って。だって、本当に結婚することになって、子供が欲しいってなったらピル飲むのを止めるでしょ? そのときに遊び相手とも中出ししてたら誰の子供か分からなくなっちゃうじゃないですか」


 結婚したとしても火遊びはする前提で話しているのが可笑しくもありますが。まあ、それは本人の自由ですからね。

 あれから5、6年が経ちましたが、今頃、どうしてるだろうぁ、彼女。

 プロポーズしてくれた彼と結婚してたとしても、果たしてダンナとの中出しセックスだけで満足できるのかどうか…再会する機会があれば、ぜひ聞いてみたいと思っている僕なのです。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック