夏本あさみビキニインタビュー! あざかわ美女にしてハイレグクイーンの超大胆VRグラビア

夏本あさみちゃん!

 「あざかわ美女」として話題を集め、最近では「ハイレグクイーン」としても世の男性をメロメロにするグラビアアイドルの夏本あさみ。キャラもボディも男性受け抜群の彼女はVRグラビアでも人気を集める。

 現在、VR動画配信サービス『PICMO VR』にて『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』と『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』(共に制作:FANTASTICA)が絶賛見放題中。ということで、両作の見どころなどについて本人を直撃してきた!

■VR動画配信サービス『PICMO VR』
『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』
『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』

『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』
『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』

 

――「メンズサイゾー」では夏本さんの記事をたびたび配信させてもらっています。SNSで話題になることが多いので。

夏本あさみ(以下、夏本):あ~! よく、あげてくれはりますよね。めっちゃ嬉しい!

――それだけPVがいいんです。

夏本:ありがとうございます!

――今回はVRグラビアについてインタビューさせていただこうと思います。VRグラビアは、すでにいくつか出演されていると思いますが、普通のグラビアとの違いなどありますか?

夏本:カットができひんから、一発撮りになっちゃうので、失敗できひん緊張感は常にありますね。

――その京都弁いいですね。文字にすると、そのかわいらしさが半減してしまうのが残念です。

夏本:標準語で書いていただいて大丈夫ですよ(笑)。

――いやいや、それはもったいないので京都弁で書き起こしますね。VR撮影の難しさというと?

夏本:カメラが固定されているので、全部、自分で動かなあかんし、近づいていかなあかんし、どう観えているかを意識して体を動かさないとあかんから、そういうことを考えています。

 

――VRならではのいい点はどこですか?

夏本:観てはる人はVRゴーグルとヘッドホンを付けているじゃないですか。だから、小さな息遣いとかクリームを体に塗る音とかがすごく鮮明に聞こえるので、そういうところが刺激的かなと思いますね。

――ささやき声なんかも?

夏本:そうそう! けっこうささやいていますから(笑)。ホンマに「そこ」で言われているかのように感じられると思います。

――ささやきも京都弁ですか?

夏本:ですね。

――この声を耳元で聞けるというのは最高ですね。ではまず1本目の『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』の内容を簡単に説明してもらえますか? この作品はタイトルが挑発的です。

夏本:ははは(笑)。タイトルどおり、彼氏がコスプレを着てほしいっておねだりしてくるから、それに付き合ってあげるっていう内容です。

――どういうコスプレをしていますか?

夏本:ハイレグ水着とナースのコスプレと、最後は下着っぽいパジャマのコスプレになっています。

――ナース姿のとき聴診器を自分の胸にあてていましたよね?

夏本:自分にあてたり、カメラに向けてあてたりしています。

――夏本さんの鼓動は聞こえますか?

夏本:「ドックン、ドックン」って入っています。

――そういう音声はいままでのDVDだとできないですよね。

夏本:そうなんですよね。

 

――赤い水着姿のときに顔が見えず、夏本さんの美しいボディラインだけが見えるアングルがありますが、あの画角はあえてそうしたんですか?

夏本:VRやと体をじっくり観られるじゃないですか。私といえばお尻やったり腰やったり、くびれやったりするから、そこを強調してみました。

――このアングルは斬新です。

夏本:確かに!

――夏本さんの体の柔らかさを観るにはVRは最高ですね。

夏本:観てほしい~~!

――あとカメラの向こうには彼氏に見立てたファンがいますが、どういう気持ちで演じましたか?

夏本:本当に好きっていう気持ちです。でも、それはDVDでも雑誌でもカメラはファンの方と思って常に意識しているので、いつもと同じ感じで「好き」っていう気持ちをぶつけました。

――その“彼氏感”が、VRだとより出ると思います。

夏本:そうですね。この作品はキスシーンがすごく長くていっぱい入っているので、ホンマに彼氏感が味わえると思います。

――キスシーンは「チュ」みたいな音も聞こえました。

夏本:照れますね(笑)。でも、とにかくめっちゃいっぱいキスをしているから、そこは見どころだと思います。

――ファンは喜びますよ。あと、マッサージシーンもなかなかリアルでした。

夏本:気持ちを込めてやったので。

――寝転んでVRを観たら、本当にマッサージされている感覚になりますよね。

夏本:そうですよね。まさにそんな感じやと思います。ホンマに自分が体験しているって脳が錯覚するくらいのリアルさなので、ホンマに私と30分間、過ごせる感じです。

 

――では続いて、『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』ですが、こちらも簡単に内容を紹介していただけますか?

夏本:私がパーソナルトレーナーさんに恋をしていて、ストレッチを教えてもらい、最後は私が告白するっていう作品です。

――ストレッチといえば柔軟女王の夏本さんは得意ですね。ストレッチのプログラムは自分で考えたんですか?

夏本:「こういうのをするんかなあ?」と思って自分で考えました。

――それはすごい!

夏本:アドリブは得意な方なんです。

――具体的にはどういうストレッチをしていますか?

夏本:開脚や前屈です。

――カラダを大きく動かすので、カメラに映る範囲を把握していないとダメですよね。それは、問題ありませんでした?

夏本:だいたい把握できたと思います。たとえば前屈のシーンだと、前かがみになるので胸元をちょっとアピールしてみたりとか(笑)。そういうのを意識しました。

――シャワーシーンもありますが、これはどういう設定だったんですか?

夏本:付き合う前なのに一緒にお風呂に入っちゃうという謎のシーンです(笑)。

――男性はウェルカムです!

夏本:フワフワの泡で体を洗うんですけど、VRやと洗っている音が鮮明に聞こえるから、それもリアルだと思います。

――フェチっぽくていいですね。そこまでの音は普通のDVDでは再現できませんからね。

夏本:そうだと思います。

――最後はベッド上のシーンもありますが、ここでは何をしていますか?

夏本:そこで告白をするんです。

――どう告白しているかは見てのお楽しみですよね。

夏本:そうですね。観てくださる方にはホンマに自分が告白されているようなドキドキ感が伝わると思います。VRやから目の前に私がいる感覚じゃないですか、だから、ホンマに夏本あさみに告白されたみたいな感じになると思います。

――こっちの作品は「告白」で、先ほどの作品は「キス」とどちらも大胆ですね。

夏本:ありがとうございます。

――こちらの作品の見どころはどこですか?

夏本:私のカラダの柔らかさをたくさん観られますし、ボディクリームを塗るシーンなんかも見どころです。ボディクリームを塗るシーンはDVDの撮影だとあまり近づいて撮らないんですけど、このVRでは彼の上に乗って塗っているので密着感がすごく伝わると思います。

 

――今回の2作品で自分で考えた演出はありますか?

夏本:いつも私はいろいろ言わせてもらっているんです(笑)。自分から「こっちの方がいいんじゃないですか?」って(笑)。なので、今回もいろいろ言わせてもらった記憶があります。

 特にストレッチのシーンはカメラと反対方向にストレッチをしちゃうと、いいところが観えないので、「体勢はこっちに変えたほうがいいです」とか、「こっちのほうがおっぱいがキレイに見える」とか言いましたね(笑)。

――自分で内容を提案できると演じがいがありますよね。今後、VRでやってみたいシチュエーションはありますか?

夏本:デートシーンかな。DVDでもVRでも撮ったことがないんです。なのでデートっぽいVRを撮ってみたいです。

――やってみたい役などはありますか?

夏本:何やろうなあ…? 今回、パーソナルトレーナーの生徒役だったので逆に先生役をやってみたいですね。

――夏本さんはカラダが柔らかすぎるから、みんなストレッチについてこられないですよ(笑)。

夏本:ははは(笑)。確かに!

――では、最後にファンへメッセージをお願いします。

夏本:いつも夏本あさみを応援してくださってありがとうございます。グラビアを3年くらいやらせてもらい、いろんなことにもチャレンジさせてもらいました。日々、飽きられないように、いろんなシチュエーションや内容やセリフをパワーアップできたらいいなと思っています。今後もよかったら応援してください!

(写真・インタビュー=神楽坂文人・公式Twitterはコチラ

■VR動画配信サービス『PICMO VR』
『夏本あさみが彼氏のコスプレ趣味に付き合うのはベッドでのご褒美のため、そういう世界。』
『夏本あさみがパーソナルトレーナーを呼ぶのはキミに逢うための口実、そんな世界。』

※次ページでは両作のキャプチャー画像を大公開!

men's Pick Up

ニュース関連トピック