ソニン、デビュー20周年記念の『カレーライスの女』アンサーソングで横乳封印!

 ミュージカル女優としても活躍する歌手でタレントのソニンが、来月14日にデビュー20周年を記念した新曲『ずっとそばにいてね。/カレーライスの女”2020 Remix”』を発売することが発表された。

 同作は今から18年前に発売された『カレーライスの女』の続編で、本人からプロデューサーのつんく♂に依頼したものだという。

 ファンからは「デビュー20周年おめでとうございます」「あの曲の続編、気になります!」と、応援コメントが書き込まれる一方で、「ソニンさんの人生って本当に波乱万丈」「色々あって苦労してきたぶん、今はミュージカルで大活躍できて良かったね」というコメントも多数見られた。

 歌手、そしてミュージカル女優と、順風満帆に見える彼女の芸能生活だが、過去に何があったのだろうか。

「今の若い世代にはあまり知られていませんが、実は彼女はデビューから紆余曲折あった苦労人なんです。元モー娘の後藤真希の実弟・ユウキと『EE JUMP』というユニットを結成し、『おっととっと夏だぜ!』がスマッシュヒットしましたが、相方の度重なる不祥事により解散となってしまいました。

 その後、ソロデビューシングル『カレーライスの女』では、今までの元気なキャラから一転、セクシーな裸エプロン姿でたわわな横乳を披露し、ファンをざわつかせました。つんく♂も、『普通の女の子なら挫折しててもおかしくない場面も数回はあったように思います』とコメントを寄せたこともありますから、あの笑顔の裏には想像できないほどの壮絶な努力があったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 今回のシングルジャケットは、裸エプロンは封印し透ける衣装に身を包んだソニンのしっとりとした大人の魅力溢れる仕上がりとなっている。たわわな横乳を期待したファンも多かったように思うが、幾多の荒波を超えてきた彼女の姿はとにかく美しい。

men's Pick Up

ニュース関連トピック