鈴木ふみ奈、ビキニインタビュー! いい肉感の最新VRグラビアを大胆露出でご案内

 グラビア界屈指のダイナマイトボディを誇り、デビュー以降第一線で活躍し続ける鈴木ふみ奈ちゃん。最近ではグラビア以外での活躍も目立つ彼女の最新VRグラビアが、「定額制VR動画配信サービス『PICMO VR(ピクモ・ブイアール)』で配信されている。

※鈴木ふみ奈最新VR作品
『鈴木ふみ奈の優雅なカラダはいつでも僕のもの、そういう世界。』
『刺激的なふたり暮らし。ふみ奈はお風呂でもベッドでも僕の前では全部むき出し、そんな世界。』

 

 ということで、鈴木ふみ奈ちゃんにインタビューを敢行。昨今話題のVRグラビアについていろいとを話を聞いてきた! VRグラビアってやっぱりすごい!!

 

鈴木ふみ奈、ビキニインタビュー! いい肉感の最新VRグラビアを大胆露出でご案内の画像1
鈴木ふみ奈ちゃん

 

――これまで多くの雑誌やDVDでグラビア撮影をしてきましたが、VR作品ということで、これまでのグラビアとの違いはありましたか?

鈴木ふみ奈(以下、鈴木):VRならではだなと思うのは、「立体的に見える」ってことと「リアルな音」ですかね。音が右耳から聞こえてきたり左耳から聞こえてきたりするで、その生々しさには視覚ではない「ドキっと感」があると思います。

――それは録音機材の違い?

鈴木:そうです。VR作品では人型をしている録音機材を使うことが多いようで、ウイスパーボイスで録音すると聞いている人は耳元で囁かれている感覚になるんです。とにかくVRってすごいですね! 実際に見ると「ここに存在している感覚になるんだ!」って思いました。

――自分が出演している、今回の作品を観ましたか?

鈴木:観ました!

――目の前にご自身がいる感覚はどうでしたか?

鈴木:自分なのにドキッとしました(笑)。そこに存在している感覚に陥って、気持ちまで持って行かれるんですよね。

――ファンは観たら興奮しますね!

鈴木:絶対にそうだと思います!

――鈴木さんに手が届きそうですか?

鈴木:届きそうです。何なら触れられそうな気もします。

――通常のグラビア撮影はカメラマンがいて、カメラが動いたり、指示を出してくれたりするじゃないですか。でも、VRはカメラが固定だから、ご自身で演技をするんですよね?

鈴木:普通のDVDはカメラマンがカメラを持って撮影するけど、VRは置いて撮影することがほとんどですね。なおかつ、最初から最後まで撮影を止めることがないんです。VR撮影は間違えたら、最初から撮り直すんです。

――編集しないんですか?

鈴木:基本的に編集ありきの撮り方はしないようです。だから、もし衣装が外れたりしたら、自分でそこをクリアしないと、また最初からの撮影になるんです。そこがVRのよさですよね。普通の撮影だと、ちょっと危ういところがあれば、スタイリストさんが「ちょっと、待ってください」って入るんですけど、それがないので普段はしない動きや表情も出てきて、よりリアリティが感じられると思います。

 

鈴木ふみ奈、ビキニインタビュー! いい肉感の最新VRグラビアを大胆露出でご案内の画像2

 

――自分で演技したり、進行したりすることは得意ですか?

鈴木:DVDのグラビア撮影を長くやっていたので、得意だと思っていたんです。グラビアをやって10年になるんですが、VRだと撮影が止められないので初々しさや恥ずかしがっている表情が見られたり、いまの鈴木ふみ奈だと見られない表情を引き出してくれました。

――初心に帰った感じですか?

鈴木:すごく初心に帰りました。

――VR撮影の難しさはありましたか?

鈴木:最初から最後まで撮影が止められないということは、最初から最後まで自分一人で間を持たせないといけないんです。DVD撮影だと台本があるんですけど、今回は概要というか、何となくこういう感じでっていう、ざっくりした台本だったんです。そのざっくりした台本以外は自由演技というか、自分で感じたことを話すので、間を埋めなければならないところが、大変というよりも楽しくもあり、試されている感じもありました。

――今後、VR作品の出演は増えそうですね。

鈴木:新しいものが入ってきて、新しい楽しみ方が生まれるのはすごく素敵だなって思います。今後もVR作品は増えると思います。

――今回、配信される2作品についてお聞きしますが、まずは『鈴木ふみ奈の優雅なカラダはいつでも僕のもの、そういう世界。』は、どんな内容ですか?

鈴木:私が彼氏と同棲している設定です。私自身は何かの設定があるのではなく、グラビアアイドルの鈴木ふみ奈として出ています。「明日、仕事だから水着どうしようかな?」って悩んでいて、彼氏に「見てくれない?」っていうところから始まり、ファッションショーのように水着を着替えるんです。

 カップルの関係だから次々に着て、「はい終わり」って感じではなくて、ポージングしたり、「おっぱいばかり見ていて、水着を見ていないでしょ」って言ったり(笑)。その水着ファッションショーの後に、「明日も早いからそろそろ寝よう」ってベッドに行って、しゃべりながら最後はお休みする感じです。

men's Pick Up

ニュース関連トピック