【エロ体験談】セフレの尻コキ

 

【エロ体験談】セフレの尻コキの画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 2017年2月に募集をはじめ、今や当メンズサイゾー屈指の人気コーナーに成長した【エロ体験談】。読者の皆様や投稿者様のおかげで、今年の2月で連載スタートから3年が経ちます。この3年間で投稿されたエロ体験談は、なんと1000本を超えました!

 しばらくの間、皆様の英気を養うためという形で1000本の中から厳選された【エロ体験談・傑作選】をお届けしました。その効果もあってか、新しい体験談の投稿が増えましたので、再び賞金レースを開催させていただきます!

 なお、今回の賞金レースの対象は、2020年3月9日~3月18日配信のエロ体験談になります。結果発表は22日。一時の休息を経て、どんなエロ体験が生まれたのでしょうか。それでは、本日の体験談をどうぞ!

 

『セフレの尻コキ
投稿者:奏(36歳/男性)

 少し前に出会い系で知り合ったセフレとの話だ。

 彼女は服飾系専門学校に通う21歳。ショートボブがよく似合うおしゃれな子だ。

 初めて会ったとき、最初に目が行ったのは小さなお尻。スキニージーンズ越しからわかる、きゅっと締まったお尻は、「じっくり攻めたい」という俺の欲望をかきたた。

 ホテルについて、実際に目にした彼女のお尻は、本当に小さい桃のようだった。形はもちろん、さわり心地も良さそうだ。

 しかし彼女に、


「胸の方が感じるから先におっぱいを触ってほしい」


 と言われたので、仕方なく胸を揉んでいく。

 彼女の口から、


「あぁ…はぁ…」


 と徐々にエロい声が漏れてくる。確かに胸で感じているのだろうが、俺は尻の方を触りたくてしょうがなかった。

 そこで徐々に片方の手を下へ移動させていく。そして、そっとお尻の片側だけを優しく撫でてみた。


「あはっん…! あぁっ!」


 声が裏返り、彼女は身体をビクビクと震わせる。明らかに今までとは違う反応だ。

 今度は手の甲を使って、尻のふくらみの部分をやさしく擦ってみる。

 すると彼女は、


「あっ、あぁん。くすぐったいけど、なんだか気持ちい…」


 と身体を反応させながらつぶやいた。


「お尻の方が感じんじゃない?」

「わからない、こんなことされたの初めてだから…」


 俺はしばらく彼女の尻を満遍なく擦り続けた。

 よほど気持ちいのか、胸を触っていた時よりも反応がいい。そして身体を正面に向けてみると、アソコが汁気を帯びて、バッチリ濡れていた。尻だけでこんなに感じている女を見るのも初めてだった。

 俺は彼女の尻の割れ目を擦りながら、


「ここに挿れてみる?」


 と聞いてみた。


「ちょっと興味あるけどちょっと怖いな…」


 と恥ずかしそうに答える彼女。

 確かに未開発でのアナルの挿入はリスクが高い。

men's Pick Up