おっぱいの魔力が身に染みた話

おっぱいの魔力が身に染みた話の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

セックス求道者「隔たり」連載:おっぱいの魔力

「巨乳と貧乳、どっちが好き?」


 男ならば、誰もが一度はされた経験があるであろう質問。あなたは何と答えるだろうか。

 そして、


「もっと胸が大きくなりたい」


 と、多くの日本人女性が悩んでいる。

 そんな悩みに対して、男はどのようなスタンスでいればいいのだろうか。

 男は女性の胸、つまり「おっぱい」と、どう向き合っていけばいいのだろうか。

 今から語るのは、僕が「おっぱい」の魔力に狂ってしまった物語だ。そして同時に、「おっぱいって何だろう」と考えるきっかけにもなった出来事でもある。

 おっぱい星人のあなたも、ちっぱいをこよなく愛するあなたも。

 そして、胸に「おっぱい」がある、あなたも。

 「おっぱい」に取り憑かれてしまった男の物語を、ぜひ読んでほしい。


 ※  ※  ※  ※


 僕が初めて「おっぱい」を触ったのは、中学生のときだった。

 当時、僕には彼女がいた。両親がいないときに家に呼んでは、たくさんキスをした。公園、住宅街、マンションの階段。至るところでキスをした。

 キスに慣れてきたら、胸に興味を持つのは自然なことだった。

 だが、緊張して触れない。勇気を出して手を伸ばしても、彼女に「恥ずかしい」と何度も拒まれてしまう。そんな繰り返しだった。

 その後、僕は胸を触ることができた。

 しかし、今ではそのことを鮮明に思い出すことができない。家だったか、公園だったか、住宅街だったか、場所すらもあまり覚えていない。

 だが、初めて「おっぱい」を触ったとき、僕が何を思ったか、ということに関しては今でも鮮明に覚えている。

 それは初めて「服の上」から、触ったときに思ったこと。

 

これ…ブラジャー…?


 「おっぱい」とはフワフワで柔らかいもの。弾力があって、顔が埋もれてしまうもの。そこに顔を埋めれば、興奮しすぎて鼻血が出てしまうもの。

 そう妄想し、期待しすぎたゆえに、ブラジャーの硬いワイヤーをマッサージしたような感触は今でも忘れられない。期待とのギャップが激しすぎて、当時の僕は「おっぱいってこんなものなのか」とがっかりしてしまった。

 その日から、付き合った彼女やセックスした女性の胸をたくさん触った。

 しかし、男の誰もが子供の頃に憧れたような「大きなおっぱい」に巡り合うことはなかった。

 可愛く優しく膨らんだ胸を触るたびに、水が徐々に沸騰していくかの如く、僕の中に熱い気持ちが芽生えていった。

大きなおっぱいを触りたい…

大きなおっぱいを触りたい…

大きなおっぱいを触りたい…


 いつしかその欲望は巨大なものとなって、彼女よりも、セックスよりも、大きな胸を求めるようになっていた。

 

 大学生のとき、僕は狂ったようにマッチングアプリを使い、大きな胸を持っていそうな女性を探した。

 おっパブや風俗で巨乳の子を指名すれば、簡単に触ることはできただろう。だが、なぜかそのアイディアは思い浮かばず、僕は必死になって女性の写真を眺めていた。

 付き合った彼女、セックスをした女性、その中の誰かひとりでも巨乳だったならば、ここまで取り憑かれることはなかっただろう。

 恋愛経験もセックス経験もそれなりにしてきた。けれど、出会えなかった。ならばこちらから見つけ、会いに行くしか方法はない。

 当時、僕は巨乳好きというわけではなかった。それでも必死で探してしまうほど、大きな胸を触りたくて仕方がなかった。

 そして、その願いは叶い、僕は大きな胸を持つ女性と会うことになった。

 その女性の名は、愛佳(仮)といった。都内の看護学生で、ショートカットが印象的な女性だった。

 愛佳のプロフィールには、グレーのニットを着た写真が載っていた。写真からでも分かる胸の大きな膨らみ。それだけで妄想が膨らんでしまう。

 アプリのやり取りからラインに移行し、頃合いを見計らって、下ネタの話を振った。愛佳はそれにノリ良く返してくれ、そのノリが大きくなった結果、僕らはセックスすることになった。

 当日、待ち合わせ場所の渋谷駅に行くと、緑のニットを着ている愛佳がいた。胸の大きさは、遠くからでも分かった。


「お待たせしました」

「…」

「愛佳さん?」

「うん」

「…それじゃあ、行こうか」


 愛佳の顔は物凄い警戒心に満ち溢れていた。LINEでのノリの良さからは、全く想像できない雰囲気を身にまとっていた。早く帰りたいと、少しだけ思った。

 憧れの大きな胸を前にして帰りたいと思う自分。

 おそらく、僕にとって胸が1番大事なものではないということに、なんとなく気付く。だが、愛佳にかけた時間を回収したいというケチな理由で、僕は彼女とホテルに向かった。

 選んだホテルは道玄坂の安めのホテル。愛佳の少し暗い表情を見て、明るくてゴージャスなホテルを選ぶことはできなかった。


「ここでいい?」

「うん」


 そのホテルのプランは2h、3h、フリータイムの3パターン。いつもこのホテルを使うときは3hを選んでいたが、今回は2hにしようと受付の女性に声をかけようとした。

 そのとき、ふと、右腕に柔らかいものが当たった。


「あ、ごめんなさい」

「ううん、大丈夫だよ」


 それは愛佳の胸だった。自分のことばかり考えていて、彼女がどこにいるか全く見えていなかった。僕の全神経が、右腕の当たった部分に集まっていく。

 気がつけば僕は、情けない声で、


「あ、フリータイムで」


 と受付に伝えていた。

 部屋は茶色基調の薄暗い部屋だった。誰かの廊下を歩く音が部屋の中まで聞こえてくる。安いホテルだから仕方ないとはいえ、無言を貫く愛佳といたら、その音は僕を余計にソワソワさせた。


「愛佳さん、緊張してる?」

「いえ」


 愛佳は真顔で首を横に振る。これからセックスをするというにも関わらず、この空気感は異様だった。息が苦しく、部屋を飛び出したい衝動に駆られた。なぜ愛佳は僕とホテルに来たのだろう。

 愛佳の険しい表情を見ると心が苦しくなるので、僕は視線を下に向けた。大きく盛り上がったニット越しの胸が目に入る。

 どうしてもそれだけは、触って帰りたい。


「それじゃあ、キスするね」

「…」

「どうしたの?」

「私、彼氏いるんです」

「えっ」

「彼氏…いるんです」


 愛佳には彼氏がいる。

 つまり、彼氏がいるからキスはできないということか。僕はキスをするために上げた視線を、再び下に向けた。

 ここにきて、彼氏がいるとカミングアウトされるとは思わなかった。

 キスはダメ、では、セックスはいいのだろうか。


「それじゃあ、こっち触るね」


 セックスは良いのかと気になるが、聞いて断られてしまうと辛いので、その疑問を呑み込み、大きな胸に手を伸ばした。

 そして複雑な気持ちを抱えたまま、夢を叶える時が来た。


や、柔らかい。


 大きく手を広げても収まらないほどの大きさ。指が深く食い込み、指と指の間から愛佳の胸の肉がはみ出している。弾力があるというよりは、変幻自在に形を変えるような、そんな柔らかい胸だった。


「そしたら、脱いでもらっていい?」


 愛佳は表情を変えないまま、服を脱いで下着姿になった。僕は愛佳の表情は見ず、下着に支えられた大きな胸だけを見つめる。谷間は大きくて深かった。


ここに顔を埋めたい…


 柔らかくて大きい谷間に顔を埋める。そんな男の夢を叶えれる状況を前にしたにも関わらず、僕は躊躇していた。

 胸を触っても愛佳は表情を変えず、どこか遠くを見つめていた。そして下着姿の今も、どこを見ているか、何を考えているか分からない。そんな愛佳を不気味に感じ、子供のように谷間に顔を埋めるということを、僕はできなかった。


「そしたら…下着を外して、横になってもらっていい?」


 愛佳が背中に手を回しブラホックを外す。胸の部分を支えながら肩ひもを下ろし、そしてゆっくりと下着を外した。丸くて茶色い乳輪、小粒で可愛らしい乳首。


もう、我慢できない。


 愛佳を横に寝かせ、胸を触り、撫で、揉み、揺らし、さらに乳首を舐め、しゃぶり、吸った。僕は大きな胸の前では無力だった。何も考えず、ただ一心不乱に胸を愛撫し続けた。

 ときおり愛佳の吐息が聞こえるも、それは微々たるものだった。いつもならその反応に神経を研ぎ澄ませるが、僕は愛佳の反応なんておかまいなしに、ただ大きな胸に溺れていく。

 気持ち良くなってもらいたいとか、喜んでほしいとか。そういった気持ちは、大きな胸を前に、どこかへ飛んでいってしまった。

 胸にしゃぶりつきながら、右手を愛佳の股に持っていく。下着の上から触れると、そこはすでにじっとりと湿っていた。

 下着の中に手を滑り込ませて、中指で割れ目をなぞる。ひっかくように指を動かし、全体を濡らす。僕の下半身は触れられてもいないのに、もうすでに大きくなっていた。

 相手の反応が悪くても、そこに女性の体があるだけで、下半身が濡れていることを知るだけで、興奮してしまう。自分の体の反応が素直すぎて笑いたくなるが、2人でいるのに1人だけ興奮しているという状況は、少し息苦しかった。

 だから愛佳に気持ち良くなってもらいたいと、クリトリスを優しく触る。声には出さないが、彼女のお腹が膨らんだり萎んだりし始めた。

 このまま触れば、ちゃんと気持ち良くなってもらえるだろうか。

 そう思っていても、僕は再び胸にしゃぶりついてしまう。

 愛佳の横に寝そべり、右手でクリトリスを撫でながら、僕はただひたすらに彼女の右胸をしゃぶる。口に含んでは出し、舐め、また吸っては出し、舐める。それを何度繰り返しただろうか。

 右胸から口を離して左胸をしゃぶろうとすると、先ほどまで吸いついていた右胸が目に入った。少し、光っている。僕の唾液だ。

 無抵抗な愛佳の胸を、ただ自分の欲求に身を任せてしゃぶり、唾液だけが彼女の身体に残った。神聖なものを汚してしまった、という罪悪感に襲われる。なぜ、今まで夢に見ていた大きな胸を、僕は自分の唾液まみれにしてしまったのだろうか。

 不思議だな、と思う。

 柔らかくて綺麗で大きな胸。男の憧れ。そんな憧れているものを、自らの手で汚した。

 愛佳が感じてくれていれば「いやらしく濡れている」という認識になっただろうか。しかし愛佳からの興奮を直接に感じることができなかった。だから「汚した」という認識になってしまった。

 愛佳はこの状態をどう思っているのだろう。

 怖くて、彼女の表情を確認することができなかった。


「ゴムつけて、入れるね」


 そう言っても、愛佳は全く言葉を発しない。挿入に関しては、少しでも同意してほしかった。

 彼女の身体の反応から同意の合図を探そうとするも、身体すら全く動いていなかった。ただ、そこに横たわっているだけ。

 しかし、愛佳はそこにいる。そこに居てしまうから、挿入しようと思えばできてしまう。僕はゴムを付けて、告げた。


「いれ…ます」


 逃げないということは、同意をしているということなのだろうか。分からないけれど、もう我慢の限界だった。

 挿入したら、喜んでもらえるはずだ。愛佳も気持ち良いと、感じてくれるだろう。そう何度も、自分に言い聞かせる。

 ある種の可能性に望みをかけるようだが、それは自分への都合の良い言い訳に過ぎない。そんな言い聞かせた言葉などただの空想にすぎず、ちゃんと存在しているのは「挿入したい」という欲求、ただそれだけだった。

 愛佳の反応を伺うように、ゆっくりと挿入していく。全て入りきっても、愛佳は目をつぶり、斜め上を向いていた。

 僕も目をつぶろう。

 本当は揺れる大きな胸を見たかった。

 その揺れた胸と、同じように動いてみたかった。

 しかし、愛佳を見ると、どうしても反応が気になってしまう。怖くて、何もできなくなってしまう。だから目をつぶり、下半身に意識を向けるしかなかった。

 僕は目をつぶって、ゆっくりと腰を振る。感覚がいつもより研ぎ澄まされているような気がした。下半身が暖かいものに包まれているのが分かる。これを愛佳の「喜び」と、捉えてはいけないのだろうか。

 しかし、それはただの生理現象にすぎないのだろう。

 恋人じゃなくたって、好きじゃなくたって、気持ち良くなくたって、セックスはできてしまうのだから。

 目をつぶり、腰を動かしながら、僕は両手を伸ばした。

 

胸を、触りたい。


 こんな状況でも、その衝動から逃れることはできなかった。無愛想な愛佳の胸ですら触りたいということは、僕は「おっぱい」が大好きなのであろう。

 しかし、それは大きな胸だからという理由ではないように思えた。

 大きくても小さくても、柔らかくても硬くても、感度が良くても悪くても、僕は「おっぱい」が好き。僕は単純に「おっぱい」というものが好きなんだ。

 悩んでいたことが、急に腑に落ちた。

 大きな胸を前にして、ずっと自分が壊れたような感覚だった。自分の中に狂気的な性欲が存在しているような気がして、ずっと怖かった。

 でもそれは「好き」という気持ちが暴走していただけにすぎなかったのだ。

 好きが強すぎるがゆえに我を見失い、振り返ったときに「何であんなことしていたんだろう」と思ってしまうような、まるで恋愛の片想いのような、それと同じなんだと気付いた。

 ならばもう、「好き」という気持ちを暴走させなければいい。

 安定したカップルのような、いつまでも仲の良い夫婦のような、そんな風に「おっぱい」と向き合えばいいのだ。そうなるためには、自分の欲求ばかり押し付けるだけではなく、「おっぱい」の気持ちをちゃんと考えることが大切であろう。

 もし、僕が「おっぱい」ならば。

 乱暴に揉んで欲しくない。

 激しく揉んで欲しくない。

 優しく、丁寧に、触ってほしい。

 僕は目を開けて、愛佳の大きな胸を見た。好きならば、目を開けてちゃんと見ていたい。手を伸ばして、優しく触る。さっき触った胸とは、違う感触がした。

 揺れる胸に両手を添えながら、この瞬間を味わうようにゆっくりと、前後に、大きく腰を振る。


「あっ、あん」


 愛佳の口から甘い吐息が漏れた。ものすごく嬉しかった。この声を、ずっと聞きたかった。

 身体を曲げて、目をつぶっている愛佳の顔に近づいていく。ものすごく、ドキドキする。これはもう恐れではない。セックスでしか味わえない、胸の鼓動だ。

 愛佳の唇に、僕の唇を重ねた。

 そのまま、少しザラザラしているけど柔らかくて暖かくて優しいものを、互いに差し出しあった。

 そしてキスをしながら、僕は愛佳の胸の柔らかさを、自分の胸にほんのり感じたまま、果てたのだった。

 セックスを終え、服に着替えて、愛佳と一緒にホテルを出た。時間はまだたっぷり残っていたけど、互いにもう一緒にいる理由はなかった。


「今日はありがとう」


 僕は大きな胸を触りたくて愛佳と会った。

 とても失礼な理由だが、それでも、僕は愛佳に出会えて良かった。

 愛佳は、どうだったのだろう。ずっと無愛想だったから、彼女が考えていたことは何ひとつ分からない。

 そういえば、愛佳がハッキリと口にした唯一の言葉は「彼氏がいる」だけだった。もしかしたら彼女は、少しでもそんな自分を守っていたのかもしれない。セックスはしたいけど、彼女なりのルールで、彼氏がいるという自分を守っていたのかもしれない。

 そのルールが正しいのかどうかは、僕が考えることではない。愛佳の中で正しいか正しくないかを決めればいい。

 僕が「おっぱい」について考えていたのと同様に、愛佳自身も何かを考えていたのだろう。そんなふたりが、セックスをした。今あるのは、その事実だけでいい。


「こちらこそ、ありがとうございました」

「うん、それじゃあ」


 僕はそう言って愛佳に背を向け、駅へと向かった。最後に愛佳の口から「ありがとう」を聞くことができて、とても嬉しかった。

 

 僕は「おっぱい」が大好きだ。それはこれからも変わらないだろう。

 だから、そんな大好きなものに大好きと思ってもらえるように、心を込めて向き合っていきたい。

 それは誰のとか、大きさとか、形とか、触り心地とかは、全く関係ない。

 僕の目の前にあらわれた、すべての「おっぱい」と、ちゃんと向き合いたい。

 

 この世に「おっぱい」があってよかった。

 女性の胸に「おっぱい」があってよかった。

 心から、そう思う。

 (文=隔たり)

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック