生挿入を求める女性の心理状態を考える

生挿入を求める女性の心理状態を考えるの画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

セックス求道者「隔たり」連載:生挿入を求める女性

「えっ、生?」

「うん。私…生の方が好きなの」

「でもいいの? ほら、今日初めて会ったばかりだし」

「そうだけど、隔たりくんのが生で欲しいの」

「でも…。生でしたことあんまりなくて、ちょっと緊張する」

「中に出さなければ大丈夫だよ」

「それが緊張する理由なんだって」

「大丈夫だよ、隔たりくん…めでたいから」

「めでたい?」

「年が、明けた」

「ああ」

「だから、新年の1回目は生でしたい」

「すごい発想だね」

「ほら、隔たりくん。もう我慢できない。早くいれて?」

「…分かった。それじゃ、生で入れるね」

「うん」

「じゃあ、あけおめっていうことで、失礼します」

「なにそれ、面白い。ふふ」

「まぁまぁ。じゃあ、いれるよ」

「うん…あ、ちょ、あっ、やばい、入ってくるの気持ちよすぎ」

「やばい、生やば」

「もっと奥まできて…」

「うん、いくよ」

「はあぁぁぁああっ!!!」


 年末年始は暇だ。

 学生の頃、僕は年末年始になると必ず祖父母の家に行っていた。それは家族の恒例行事だった。

 行事といっても特にやることはなく、お正月と年明けに親戚で集まって食事をするくらい。大人数が苦手な僕にとって、親戚とはいえどそれは少し苦痛の時間だった。

 それでもなぜ祖父母の家に行くかというと、僕は祖父母の家の雰囲気が好きだったからだ。こたつ、畳の部屋、木造ならではの匂い。その空気感は僕を東京の日常から開放させてくれた。

 親戚が集まっていても、僕はひとり布団に寝転がって携帯をいじるか、外に出て田んぼに囲まれた道を散歩するか。それくらいしかやることがなかった。

 大学2年生のお正月。いつものように僕は祖父母の家にいた。

 やることもないので寝転がりながら携帯をいじる。mixiのコミュニティサイトやモバゲー、グリーなどのTwitterなどが主流になる前のネットサイトを漁っては、ただひたすらに女性にメッセージを送っていた。

 多くの女性にメッセージを送り、返ってきた少数の女性とひたすらやり取りをする。それが僕の年末年始の過ごし方だった。

 やり取りしていた女性の中で、ひとりだけとても返信の早い女性がいた。僕も暇だったので、その女性とほぼ1分間隔で何度もやり取りをした。

 その女性は麻里子(仮)といって、神奈川県に住む大学1年生だった。年末年始は彼女も暇らしい。お互い暇つぶしという感覚で、どうでもいいメッセージを送り合っていた。

 そういった状況もあり、麻里子には気軽になんでも聞くことができた。


「彼氏はいるの?」

「付き合った人数は?」

「初体験は?」

「どんなセックスが好き?」

「経験人数は?」


 恋愛の話から性の話。どうせ会わないし、暇つぶしだし、嫌われたっていい。そう思えば、なんでも聞くことができた。

 そんな質問に対し、麻里子は「えー」「答えたくない」「内緒」などと言いながらも、必ず返信をくれた。だから最終的にはどの質問にも答えてくれたし、やり取りが途切れることはなかった。

 そうやって色々な質問をするなかで、唯一、麻里子が即答した質問があった。


「経験人数は内緒かあ。じゃあ、キスは好き?」

「うん、好き」

「お、これは即答」

「だって好きだもん」

「最近はしてる?」

「してないやー」

「しなくて大丈夫なの?」

「大丈夫じゃないかも」

「俺もキス好きだよ」

「へー」

「だから俺にしてもいいよ」

「うける(笑)」

 

 そして年が明ける前の31日。僕と麻里子は変わらずにやり取りをしていた。


「もうすぐ年明けるね」

「そうだね」

「来年の目標とかある?」

「目標かあ。あんまり思いつかないな」

「俺、あるよ」

「えーなに?」

「麻里子に会うこと」

「またまたー」

「あ、目標間違えた」

「間違えたは傷つく(笑)」

「麻里子に会うんじゃなくて」

「会うんじゃなくて」

「麻里子とキスすることが目標」

「うける(笑)」


 そして、そのまま年が明けた。


「あけましておめでとう」

「おめでとう」

「会ったことないけど、今年もよろしくお願いします」

「確かに会ったことない(笑)」

「今年は麻里子に会えますように」

「でたそれ」

「間違えた。今年は麻里子とキスができますように」


 今までの流れからして、麻里子からは「うける」と返ってくると予想していた。だが、彼女は違う回答を僕にくれた。


「そんなに私とキスしたいの?」

「あれ、そこは『うける』じゃないの?」

「いやまあ、そんなに私とキスしたいのかなって思って」

「まあキス好きだし、麻里子がキスしてもいいならキスしたいかもね」

「ふーん。いいよ、しても」

「へ? いいの?」

「私もキス好きだし」

「なんか、ありがとうございます」

「隔たりくんが、キスキスばっか言うから、想像しちゃってキスしたくなった」

「なんか、ありがとうございます!」


 僕が東京に返った次の日に、麻里子と会うことが決まった。2人ともカラオケが好きだったので、カラオケに行ってキスをしようと話がまとまった。

 会うことが決まったので、ここで初めてお互いの写メを交換し合った。

 麻里子がくれたのは高校の時のプリクラの写真。彼女は黒髪のロングヘアーで優しそうな顔をしていた。だか、制服のボタンは大胆に開けていて、スカートは短く、ルーズソックスを履いていた。おとなしそうなギャルという印象だった。


「麻里子はギャルなの?」

「ギャルじゃないよ」

「でも制服の着方がギャルっぽい」

「ああ、この時はね。いまは大学入ったし、普通だよ」

「そうなんだ」


 普通だよと言われても、この制服の格好を見てしまったら、麻里子はエッチなのではないかと妄想してしまう。麻里子に会ったとき、キスだけで止められるのだろうかと不安になった。


「麻里子かわいいね」

「かわいくないよ」

「こんなかわいい子とキスできるなんて幸せだよ」

「そんなことないよ、期待しすぎ」

「これだけかわいいとキスだけで止められるか分かんない」

「止めて(笑)」

「頑張るけど、止められなかったら許してね」

「そんなんで怒らないよ。だって私が止められないかもしれないし」

「え、どういうこと?」

「私がしたくなっちゃうかもしれないじゃん?(笑)」


 その麻里子からの返信を見て、気づいたら勃起していた。


「麻里子は意外と変態なんだね」

「いや、隔たりくんのほうが変態でしょ!」

「じゃあ、キスして、お互い止められなくなったらしよっか」

「そうだね」

「なんか、ありがとうございます!」

「隔たりくんは、する気まんまんでしょ(笑)」

「いやいや。そういう麻里子こそ」

「私はその日になってみないと分からないからな〜」

「期待しております」

「うける(笑)」


 そうして僕と麻里子は会うことになった。


「隔たりくん?」

「あ、麻里子?」

「うわあ、隔たりくんだ」

「なにそれ」

「なんか緊張する」

「あんなにやり取りしたのに?」

「そりゃするよー! 直接会ったら」

「ラインの感じと変わらないね」

「そう?」

「なんか安心した。それじゃあ行こうか」


 川崎駅の改札出口で待っていると、麻里子のほうから声をかけてくれた。彼女は全身真っ黒のワンピース姿。年下だけど、僕より年上にも見えた。

 名前の聞いたことのない麻里子がよく行くというカラオケに入り、何もせずに歌を歌い合った。間奏や、曲と曲の間、会話できるタイミングはたくさんあるのに麻里子は話さない。僕はからかうように、麻里子に話しかける。


「何か忘れてない?」

「え、なにが?」

「ほら、麻里子さ、ラインでなんか言ってなかったっけ?」

「えーっと」

「キスしたいとかなんとか」

「それは隔たりくんでしょ(笑)」

「あれ、麻里子も言ってなかったけ? まだキスしてないけど、いいの?」

「うーん、したいけど…」

「したいの?」


 こくり、と麻里子は頷く。


「したいなら、していいよ」

「なにそれー(笑)」

「麻里子がキスしたいなら、いくらでもしていいよ」


 そう言って麻里子の方を見る。照れた表情をした彼女は、ゆっくりと僕に顔を近づけた。そしてそのまま、僕らの唇が重なる。

 麻里子は食べるように、僕の唇をハムハムする。違和感なく僕の口の中に舌を侵入させ、絡みつくように舌を舐めた。僕は麻里子の行為にただ身を委ねる。麻里子のキスは、性的興奮を呼び起こすような、そんなキスだった。


「たくさんキスしてくれてありがとう」

「恥ずかしい…」

「キスしたかったんだね」

「…」

「麻里子は、止められそう?」


 麻里子は恥ずかしそうに下を向きながら首を振った。


「止められないなら、何をするの?」

「恥ずかしい…」

「麻里子は何をしたい?」

「…ッチ」

「ん?」

「エッチしたい」


 麻里子の「エッチしたい」という言葉とほぼ同時に、僕は彼女を抱きしめてキスをした。唇を離して見つめると、彼女はトロンとした目をしていた。

 僕らはカラオケを出てホテルへ向かう。部屋は満室で、少し待合室で待つことになった。


「年明けからみんな元気なんだね」

「…」

「麻里子どうしたの?」

「なんかドキドキしちゃって…」

「かわいいね」


 恥ずかしがっている麻里子が愛おしくなり、僕はキスをした。麻里子は恥ずかしそうだったのに、キスをすると「もっと」という仕草を見せ、そのまま僕の股間に手を伸ばした。僕はその手を優しく握る。


「部屋入ってから、たくさん触っていいからね」

「ごめんなさい、なんか止まらなくて」

「ラインでいってたとおり、止まらなくなっちゃったんだね」

「うん、早く部屋に入りたい」


 麻里子のその言葉が届いたのか、部屋が空いたようで、僕らは待合室から出た。

 入った部屋は思ったよりも広かった。浴槽にはジャグジーが付いていて、色が変わるライトも付いていた。


「これすごいね」

「私初めて見た」

「ラブホって感じだね」

「ね、入ってみたいかも」

「そしたら一緒に入る?」

「うん!」


 カラオケで緊張していた麻里子はどこへやら。部屋に入ってからずいぶんとリラックスしていた。お風呂で素直にテンションが上がる彼女を見て、とてもかわいらしいなと思った。

 服を脱いで、簡単に体を洗い、ふたりで湯船に浸かる。常備されていた泡立つ入浴剤をいれ、ジャクジーのスイッチを入れる。ブクブクという音と共に泡が出来上がり、僕らの身体はすっぽりと泡に隠れた。そしてライトのスイッチをいれる。


「わあ、すごい」

「ね、オシャレだね」


 色とりどりの光にはしゃぐ麻里子。泡の下でモノを大きくさせている僕は冷静を装って、そんな彼女を眺めている。

 麻里子は抜群のスタイルというわけではない。くびれがすごいあるわけでもないし、胸も大きいわけではなかった。

 けれども、そのむっちりとした感じが絶妙にエロい。程よく肉付きのある身体が、僕の触れたいという欲求を加速させていた。早く麻里子の身体に触りたい。

 泡の下からゆっくりと麻里子の身体に向けて手を伸ばすと、程よく柔らかい太ももの内側に当たった。そのまま這うように、僕はさらに手を伸ばす。手が麻里子のアソコにたどり着くと、目が合った。


「隔たりくん、触ってる」

「あ、ごめん」

「いいよ、触って」

「いいの?」

「うん」

「分かった、触るね」

「あっ…」

「もう濡れてたんだね」

「たぶんキスしたから…」

「お風呂の中でも、濡れてるって分かるんだね」

「恥ずかしい」

「ものすごくヌルヌルしてるよ」

「わたしも触る!」

「あっ」

「隔たりくんも勃ってるじゃん」

「まあね」

「どんな感じが気持ちいい?」

「普通に優しくシコシコしてくれたら」

「こう?」

「うん、そんな感じ」

「あんっ。そこは感じちゃう」

「やっぱりクリは気持ちいい?」

「うん…」

「…キスしよっか」

 

 僕らはお風呂の中で、互いの性器を触り合いながらキスをした。キスはだんだんと激しくなり、汗が身体から溢れ始めた。のぼせてしまいそうだったので、お風呂から出てベッドに移動した。


「じゃあ、攻めるね」


 麻里子をベッドに寝かせて、覆いかぶさるようにキスをする。触れるか触れないかのキスをしながら、両手を彼女の顔に添える。顔全体を包み込むように。力の抜いた舌を、ゆっくりの彼女の口の中に落とす。ゆったりとねっとりとしたキスを繰り返した。

 唇を離して麻里子の目を見つめる。女の顔だ。おでこにそっとキスをしながら、両手を首から肩にかけて撫でるようにおろす。それについていくかのように、唇を這わせながら胸の膨らみを目指す。

 両手で麻里子の身体の全体を撫でながら、唇は胸の膨らみに登るように円を描く。時々舌を出しながら、ゆっくりと動かしていく。頂上にたどり着きそうになると、また膨らみの下までおろし、さらにゆっくりと登っていく。

 もう片方の膨らみは左手で包み込み、頂上には触れず、高級な骨董品を扱うかのように愛撫していく。麻里子が吐息を漏らし、身体をムズムズさせたところで、舌を頂上へ。


「はあぁぁんん…」


 ねっとりとゆっくりと、決して焦らず、手と唇と舌を使って胸を愛撫する。同じように、首、鎖骨、腕、手、腹、腿と愛撫し、アソコにたどり着いた。


「キレイだよ」

「やだ…恥ずかしい」

「すっごく、濡れているね」

「うん…」

「嬉しいよ」

「嬉しいの?」

「うん、すっごく嬉しい」


 アソコの周りを円を描くようにキスをする。そしてゆっくりと、ゆっくりと、中心に向かう。手、指先、唇、舌。彼女に触れることが出来るもの全てを使うつもりで、全神経を研ぎ澄ませる。


「あぁぁ。気持ちいし、すごいドキドキする…」


 嬉しかった。

 僕は勉強したから。

 年末年始、僕は暇だったから、勉強したんだ。

 どうすれば女性に喜んでもらえるか。

 シュミレーションもした。

 前戯で女性を喜ばしたかった。

 テクニックも勉強した。

 でも、大事なことはこれなんじゃないかと、勉強していて思ったんだ。

 女性の体を大切に扱うこと。

 これが大事なんじゃないかって。

 敏感でデリケートな女性の体。それを喜ばせるには、大切に大切に扱うことが1番大事だと。

 例えば、安い壺だったらずっと置きっぱなしにしてしまうかもしれない。でも高級な壺だとしたら、持ち運びにも管理にも徹底的に気を遣う。

 なんだか分からないけど、女性を愛撫するということは、高級な壺を扱うことと等しいと思った。それが「愛すること」なのかもしれないとさえ、思った。

 その「愛する」という行為を、付き合ってもいない麻里子にしているというのは、少し不思議だった。でも、目の前の女性を大切にできない男が、本当に好きな人を目の前にしたときに大切にできるのだろうか。だから僕は、麻里子の身体を真剣に愛する。


「隔たりくん、もう入れて。欲しすぎて、やばい」


 僕は自分で買ってきて、あらかじめ枕もとに置いておいたコンドームをつける。ネットで調べた結果、おそらく女性のことを1番に考えて作られたコンドーム。麻里子に合うか分からないが。


「じゃあ、入れるね」


 ゆっくりと麻里子の中に侵入していく。時間をかけて奥にたどり着くと、彼女の中が僕のモノに馴染むまで、抱きしめながらキスをした。


「動くよ。痛かったら言ってね」


 麻里子の身体全てを味わうように、少しづつ腰を動かしていく。くちゅくちゅと、結合部から卑猥な音が鳴る。相当濡れているのかもしれない。嬉しかった。麻里子は僕を抱きしめたまま離さない。そして不意に、耳元で囁いた。


「隔たりくん、生がいい」


 思わず声が出てしまう。


「えっ、生?」

「うん。私…生の方が好きなの」


 昔なら、飛びつくように喜んでいたことだろう。でも今は、妊娠とか、その先のことを考えてしまう。言い訳のような言葉が、口からこぼれる。


「でもいいの?…ほら、今日初めて会ったばかりだし」

「そうだけど、隔たりくんのが生で欲しいの」


 麻里子はどんな気持ちで、生挿入を欲しがっているのだろうか。心臓の鼓動が早くなる。


「でも…。生でしたことあんまりなくて、ちょっと緊張する」

「中に出さなければ大丈夫だよ」

「それが緊張する理由なんだって」


 中で出すか出さないかは、ほとんど男の意志に託されている。なのに、女性の方から「大丈夫」というのは、ものすごく不思議だった。

 そうやって悩んでいるうちに、中に入っているものが萎み始める。生を断って、そのままセックスをすればいいのに、僕は悩んでいた。

 生で欲しいという麻里子の願いを叶えてあげるのか。生ですることによる妊娠や性病などのリスクを避けるか。生の快楽を味わうか。どれも正しい欲求に思えて、僕には決められない。

 そんな僕を見て、麻里子はふと、不思議なことを言い出した。

 

「大丈夫だよ、隔たりくん…めでたいから」

「めでたい?」

「年が、明けた」

「ああ」

「だから、新年の1回目は生でしたい」


 新年1発目の生は縁起が良い。ものすごく無理矢理な頼み方に思えたが、妙な説得力があった。どうしても生でしたい、という麻里子の気持ちが伝わってきた。


「すごい発想だね」

「ほら、隔たりくん。もう我慢できない。早くいれて?」


 ここまで言われたら、もう断ることができなかった。麻里子の欲求に流されてしまう自分。こうやって人は、浮気や不倫などの危ないことに、足を踏み入れてしまうのだろうか。


「…分かった。それじゃ、生で入れるね」

「うん」


 生で入れる自分を正当化しようと、冗談が口を出る。


「じゃあ、あけおめっていうことで、失礼します」

「なにそれ、面白い。ふふ」

「まぁまぁ。じゃあ、いれるよ」


 ゴムを外して、麻里子の中に挿入する。剥き出したモノたちが絡まり合う。ものすごく暖かい。


「うん…あ、ちょ、あっ、やばい、入ってくるの気持ちよすぎ」

「やばい、生やば」

「もっと奥まできて…」


 ここまできてしまったら、後はただ快楽に身を委ねるのみ。


「うん、いくよ」


 そして麻里子が喜んでくれたら、それでいい。


「はあぁぁぁああっ!!!」


 奥に達したとき、自分自身と目が合った。ベッドの枕側の壁、そこを彩る模様の一部。その部分が鏡となって、僕を映している。向こう側にいる僕と目が合った。

 ラブホテル、僕、裸、セックス、今日初めて会った女性、生挿入。今ある情報が、客観的に目に飛び込んでくる。何をしているんだろうという冷静さと、セックスをしているという事実が、ぐちゃぐちゃに混ざり合い複雑な感情を生む。気づいたら、腰の動きが早くなっていた。


「あぁん! あぁん! あぁん!」


 僕は麻里子の顔を見ず、反射した僕自身をずっと眺めていた。僕は女性の股に体を何度も入れていた。その行為をしたくて、僕はここに来た、はず。


「気持ちいぃぃよおぉ」


 でもなぜ、その行為がしたかったのだろう。なぜ、女性の股に自分の体を入れたかったのだろう。なぜ、そういった欲求に毎日振り回されていたのだろう。なぜ、いまここにいるのだろう。

 分からない。でも自分の股間は暖かく包まれ、快楽は絶頂を迎える。


「イくよっ」


 僕はモノを引き抜き、麻里子の身体に放出した。年末年始で溜められた液体は、新年を祝うかのように大きな弧を描き、彼女の胸元まで到達した。

 

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」


 僕と麻里子の呼吸を整える音だけが、虚しく響き渡る。先程まで響いていた打ち付け合う音、交った粘着音、甲高いよがり声は一瞬で姿を消した。そこにはただポツンと、僕と麻里子がいるだけだった。

 僕はティッシュを取って、麻里子の身体の上の液体を拭く。そして彼女の手をとり、浴室に入った。

 汗などの液体を流すためだけに入ったつもりだったが、僕らはそこでもう一度交わった。前戯もなく、ゴムもつけず。前戯をしている時にあった「女性に気持ちよくなってもらいたい」という想いは、性的欲求という快楽を求める化物に簡単に呑み込まれてしまった。

 セックスをすると自分が分からなくなる。セックスを前にすると、何か大きなコントロールできないものに支配されている気がする。浴室でのセックスは僕の望むものではなかったけど、唯一の救いは、麻里子が満足そうだったことだ。

 立ちバックの体勢で麻里子のお尻に放出した後、シャワーで液体を流し、部屋に戻る。内容のない会話をしながら服に着替えて、ホテルを出た。


「隔たりくん、また会おうね」


 別れ際、そう笑った麻里子と、もう二度と会うことはなかった。

 年末年始、僕と麻里子は互いの暇を潰し合っていた。

 そしてお互いの好奇心が高まった結果会うことになり、溜まったものを吐き出すように僕らは交わった。

 暇な時間に調べていた前戯のやり方を僕は実践し、麻里子は自分が好きだからという理由で生挿入を求めた。

 そして僕は生で挿入し、そこからは止められない欲求に支配された。

 その日以降、麻里子とは連絡を取っていた。でも年末年始の時に比べ、やり取りは少しづつ減っていった。

 会おうともしても大学やバイトが始まって予定が合わず、自然消滅のような形で、麻里子とのやり取りが終わった。僕らはそれぞれの、当たり前の日常に戻っていった。

 今はもう、麻里子の顔は思い出せない。

 僕の日常に、彼女はいない。

 それと同じように、麻里子の日常に僕はいらない。

 それでも僕は、麻里子とのセックスを覚えている。

 麻里子は今年も、1発目は生でしているのだろうか。

 またひとつ、年が明けた。

 (文=隔たり)

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック