美谷朱里VSリアルガチヤンキー! 騎乗位中出しできるまで帰れません

 この辺まで見ていると、男の素人っぽさに、こりゃ本物のリアルガチかなとも思えてくる。舌と指先でヤン友の乳首を弄び、パンツの上からテントの先っぽをクリクリ弄ぶ朱里。その様子を片隅から覗き見るヤンキー2人(笑)。

 ビン勃ちしたチ●ポをドS女優にしゃぶられ、アエギ声をあげるヤン友。イチャイチャのキスや手コキ、ハードなフェラを織り交ぜる攻撃は、さすが女優だ。

 セーラー服の下のピンクのTバックにシミが浮き、そのパンティをずらして朱里の生マ●コを見たヤン友は興奮するように言った。


「いままで見た中で、いちばんキレイなマ●コだ」


 いったいどんなマ●コなんだよ、見てみてーよ!

 優しそうな手マンからのセーラー服騎乗位。しかもナマ…。


「入っちゃう…」


 キスしながらゆっくり、ゆっくりと腰を沈める朱里。

 あー、オレだったら、多分ここで終わりだわ~(汗)。

 さらにハマってる部分を見せつけるウンコ座り杭打ち! このヤン友、こんな人生最高のセックスしちゃったら、明日から誰を相手にしても満足できないだろうなー。

 この後も、ハメキスやアナル丸見えの背面ウンコ座り騎乗位などヌキ処のシーンが満載。

 そして最後にはなんとあの人も登場!

 美谷朱里ファンなら、そしてファンでなくても必見の一作だぞ‼︎

(文=松本雷太) 


松本雷太(まつもと・らいた)

風俗はイメクラ派、裏風俗は顔見せちょんの間派。巨乳よりパイパン派。フリーになって約20年、風俗街とエロカワアイドル界、AV界を徘徊する、ギリギリ五十路ライター。夜楽死紅(やらしく)おなしゃす!


【珍級AVレビュー】バックナンバー

 スタイル抜群の美人というわけではなく、超カワイイ系かと聞かれるとそうでもない。どちらかというと、マニア受けしそうなオタクちっくなキャラこそが枢木あおいの魅力だろう。本作は、そんな枢木あおいにぴったりの、ちょっとへんちくりんな憑依ものだ。

 巨乳ではないけど程よい大きさの美乳の持ち主。スタイルもよく、笑顔もかわいい、まさに優等生タイプのAV女優・鈴村あいりがJKに扮し、エロ教師とクラスメイトを抜きまくる。

 「お兄ちゃん、家の外に出てエロ本に載ってるああいうことしたいの? 私がしてあげようか?」 引きこもりの兄がオナっているところを見てしまった水卜さくら扮するJKの妹がそう呟く。本作は、引きこもりのひねた義兄と、兄想いの優しくてけなげな妹の、青春イメクラストーリーだ(笑)。


デリヘルからちょんの間までロマンの風俗旅『松本雷太のニッポン風俗総研』はコチラ

men's Pick Up

AV関連トピック