セックス教団に密着&フィストファックで号泣…アダルト放送局のヤリ手美人プロデューサーインタビュー

 AV、インターネット、雑誌と数あるアダルトメディアのなかでもバラエティーとエロを融合させた内容で人気を誇るCS放送局・パラダイステレビ。そのパラダイステレビには女性プロデューサーが存在している。番組制作、イベント制作、セクシーアイドルグループプロデューサーとして幅広い活躍をしているのが、今回のインタビューに登場する吉永あずきプロデューサーだ。

 

『パラダイステレビ』吉永あずきプロデューサー

 

 その名物女性プロデューサーがテレビ東京の人気深夜番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に出演。それを受けてテレビでは話せなかった番組制作秘話、イベントでのハプニングなどのディープな内容を、今回掘り下げてインタビューをしてみた。

 

――パラダイステレビには何年に入社したんですか?

吉永あずきプロデューサー(以下、吉永):パラダイステレビには2001年に入社です。

――18年前ですね。パラダイステレビに入社する前はなにをしていたんですか?

吉永:25歳の時に上京してきて、パラダイステレビに入る前はストリップの衣装を作る新宿衣装という会社に就職したんです。会社から渡された「業者証明」と書かれたパスを劇場入り口で見せ、踊り子さんがいる楽屋に「衣装屋です」って入っていき、「お姐さまにはとてもお似合いになる衣装ですよ」と言って行商をしていました。

――どのへんのストリップ劇場ですか?

吉永:新宿ニューアート、この前なくなったDX歌舞伎町、新宿TSミュージック、あと埼玉のライブシアター栗橋、SHOW-UP大宮劇場、蕨OS劇場や西川口、越谷の劇場も行ったことがあります。関東の有名なストリップ劇場はだいたい行きました。たまに遠征で大阪の東洋ショー劇場や十三ミュージック、天満にも行ったことがあります。踊り子さんが「こういう出し物をしたいんだよね」って言う時には、「どんなのがいいですか?」って聞いてあげてオーダー衣装を考えることもしていました。

――売りに行くとストリップ嬢の方はどんな反応でしたか?

吉永:最初は「誰あなた?」って感じだったんですけど、何回か行くとすごく親しくしてくださって、「あなたの衣装だから買うよ」って一晩で300万円とか使ってくれる方もしました。

――その新宿衣装には何年勤めたんですか?

吉永:2年半くらいいました。でも、ここにいてもどうなっちゃうんだろうな?っていう感じがあり、ゴールデン街の内藤陳さんのお店に入り浸っていて、そこには映画関係の人がいっぱいいたので、映像とかめちゃくちゃ面白そうだな、映像をやってみたいなと思い、それで転職雑誌を見たらパラダイステレビが載っていたんですよ。私がストリップの衣装を担当していた踊り子さんたちがパラダイステレビのマスコットガールをしている写真も載っていたんです。ここの会社だと衣装で仲が良かった踊り子さんたちが出ているし繋がるかもと思って履歴書を送りました。

――アダルト系の会社っていうことには抵抗はなかったですか?

吉永:AVを小さい頃から見ていたので、エロいことは大丈夫だったんですけど、映像コンテンツを作り、どんな現場かっていう想像は一切なかったので、面接を受けて楽しそうだとは思いましたが、最初の撮影現場はショックでした。

――最初はどの部署に配属されたんですか?

吉永:制作部に入ったんです。私はADではなくてアシスタントプロデューサーっていって、プロデューサーのアシスタントで入りました。

――それはADとどう違うんですか?

吉永:ADはより現場に近いディレクターの補佐なんです。生理中の女優さんの海綿(タンポンの代わりに膣内に入れるもの)を取ったりします。私はプロデューサーのアシスタントなんでお弁当を準備したり、キャスティングの連絡を事務所にしたり、お金の管理をしたり、制作進行の表を書いたりしていました。セックスの現場にがっつりつくっていうよりも、それを組み立てるアシスタントをしていました。

――事務的な仕事ですね?

吉永:そうです事務的な方です。事務的な面もありますが、撮影内容についても提案できました。

――入社した時は希望の部署とかあったんですか?

吉永:いや、番組が作りたいんですって言っていただけで、何部があるかとは全然知らなかったです。

――同じテレビ局だと地上波、BS、CSってありますが、パラダイステレビを選んだのはアダルトメディアに興味があったからですか?

吉永:いや、自分が入社した時は27歳だし、27歳の状態でゼロから地上波のテレビ局に入っても、すごくキツいんじゃないかな、小さなところだと早くいろんなことを吸収できるんじゃないかなと思いました。それで、パラダイステレビだと知り合いの踊り子さんたちがいるし入った感じです。

men's Pick Up

ニュース関連トピック