平成の温泉風俗:令和のストリップ劇場はどこへ行く ~ニッポンの裏風俗~ 

石和温泉にはかつて、ストリップ劇場が2つあった

 

 10月も後半になると、一段と木枯らしの季節に近づいたような気がします。風邪などひいてはいませんか?

 寒くなると愛しくなるのが、人肌の温もりと温泉でしょう。現在は斜陽産業となってしまったストリップ劇場も、昭和、平成の時代には温泉街に必ず1軒くらいあったものです。

 筆者も取材で全国各地の温泉に行き、温泉風俗を探すとともに温泉ストリップにも足を運んでいました。その中でいくつか思い出があります。

 北海道に取材に行った時のこと。札幌取材の翌日に登別温泉に行くことになっていて、それを取材した女の子に伝えると、皆、口々に同じことを言うんです。


「登別に何しに行くの? 何にもないよ。クマ牧場しかないべさ(笑)」

 

 ひとりだけじゃなく、皆同じことを言うんで行く前からちょっと不安になっていました。しかし、温泉は乳白色で気持ちいいし、スナックも常連になれば連れ出しできそうな雰囲気ありありで(当時)、日本人美女が出演するストリップ劇場もありました(笑)。

 きらびやかな街に輝く、大きくて扇情的な看板が特徴の劇場。ススキノのキャバクラや風俗の看板もハデなものが多いですが、これはちとやりすぎではないかと思ったくらいでした(汗)。

 それは出番の終わったダンサーさんと、場内にあるバーで飲めるのが楽しい劇場でした。

 

きらびやかな登別の温泉街
かなり扇情的なストリップ劇場の看板
ダンサーさんと撮る2ショットポラはいい思い出に(笑)

men's Pick Up