【ネットナンパ】「じゃ、じゃあ、耳を噛んでください」9カ月ぶりに再会したOLさんは痛いのがお好き?

Illustrate by ながおか

 

 今から10数年前。筆者にはあるブームが訪れていた。

 それは、平成生まれの女性とエッチするというもの。当時アラフォーだった筆者が、18、19の小娘とセックスする際、「お、俺は平成生まれのコとヤってるんだぁぁぁぁぁぁぁ!」と脳汁がダダ漏れになるくらい浮かれまくっていたのだ。

 しかし、その熱い思いも今は見る影もない。

 平成生まれと聞いても何の驚きもなく、ただ普通に感謝しながらセックスするだけとなっている。

 なんとも寂しい限りだ。もう一度、あの当時の脳汁がドピュドピュ出まくるくらい興奮するようなセックスがしたい。

 こうなったら、目標はただひとつ!


令和生まれの女性とエッチするしかないだろう。


 そのためには最短でも18年の歳月が過ぎるのを待つしかない。その頃には筆者はとっくに還暦を超えて69歳となっている。

 今までさんざん好き勝手に生きてきたので、細く長く生きるつもりなんてさらさらない。しかし、令和生まれの女性とヤるために、なんとしてでもそれまでは生き延びたいものである。

 とは言っても、今更健康に気をつかいながらビクビク暮らすのもまっぴらごめんだ。なんとか今の不摂生な生活サイクルを維持しながら楽しく気持ち良くその日を待ちたいものだ。

 先週、筆者の元に1通のメールが届いた。


———————–
お久しぶりです。ショーイチさん。

会いたくなっちゃったんだけど、また遊んでくれますか?

ケイコ
———————–


 たった3行のメールで再会を望んできたケイコちゃん。しかし、筆者にはこの女性が誰なのかすぐに分からなかった。

 だが、彼女のメールアドレスには見覚えがあり、こちらのスマホのアドレス帳に登録されていた。

 しばらくして、彼女の正体が判明。今年の1月に【ワクワクメール】で遊んだOLさんだったのだ。

 正直、彼女の顔も体もエッチの内容も覚えていなかった。このコラムにも彼女のことを書いていないので、可もなく不可もなく普通のエッチに終わってしまったのだろう。

 だが、女性から求められたら、筆者には応じるという選択肢しかない。

 まだ彼女の顔も思い出せなかったが、調子を合わせてメールを返信することにした。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 4コマグラビア
  2. 所沢ショーイチ
  3. トコショー
  4. ドスケベ女の性事情
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. ヘンリー塚本
  8. 風俗体験談
  9. 世界一周エロ旅
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事