【エロ体験談】年上好き女子大生と変態セックス

 翌週。ちょうど仕事に余裕ができたとき、マキから連絡があった。


「今日の午前中で試験が終わりました。ご都合がよろしければ、夕方にでもお会いしませんか?」


 なんというグッドタイミング。時間に余裕のあった私は、マキが出やすい場所を聞き、さっそく約束を取りつけた。

 夕方。待ち合わせの場所に行くと、ちょうどマキからメールが入った。


「ごめんなさい、ちょっと遅れています。5分ほど遅刻します」


 そんなことでメールをくれるとは…律儀で丁寧な子だなあと思った。

 5分ほどしてマキから「着きました」とメールが届く。見回すと、ブラウスに長いスカートをはいた女性に目が留まる。プリクラから受けた雰囲気と似ていたのだ。


「マキさんですか?」


 私の声に反応し、スマホの画面から目を上げた女性が微笑む。やっぱりマキだった。


「まずはどこかでお茶でもしませんか?」


 私がそう言うとマキが、「はい」と微笑む。私たちは近くのカフェに入って、お互いのことを少し聞いた。

 マキは出会い系サイトのプロフィールどおり、大学3年生の21歳だという。


「年上が好きって書いてたけど…?」

「今まで年上としか付き合ったことがないんです。同世代の男の子って、なんか怖くって…。あんまりうまく話せないんです」

「そうなの? 大学には男の子も多いでしょ? マキちゃんだったら、いろんな人から声をかけられるんじゃない?」

「声をかけられることはあるんですけど、緊張しちゃって返事ができないんです。だから、なんか変なヤツみたいに思われていて…」


 私と話す彼女が緊張しているとは思えない。何かのコンプレックスでもあって、同世代の男性に限り、コミュニケーションがうまく取れないのかもしれない。

 マキはしばらく自分のことを話し続け、出会い系サイトをよく使っていることを明かし、サイトで会った人の中には「ちょっとおかしな人」もいたと話し始めた。

men's Pick Up