メンズサイゾー >  アイテム >  大人の玩具 >  小島みなみ、美尻オナホに大興奮

パンティずらして挿入! 小島みなみ、エロ漫画から生まれた美尻オナホは痴漢撲滅に効果あり!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アダルトグッズ界に新レーベル『マガこれ』が誕生した。こちらはアダルト漫画と大人のおもちゃがコラボし、原作者完全監修のもと、二次元を具現化したオリジナルグッズを生み出すレーベルだ。

■アダルトグッズレーベル『マガこれ』の公式サイトはコチラ

 

※画像:『1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-屈辱の美尻』(マガこれ)

 

 記念すべき第1弾では、アダルト漫画界のレジェンド「クリムゾン」先生の作品をアイテム化。クリムゾン先生はちょうどデビュー20周年で、それを記念してオリジナルオナホール3種が作られたカタチだ。

 今回の記事では、その3種のオナホの中から、クリムゾン先生の最新作『1年間痴漢され続けた女―光月ユウナ編』をモデルにした『屈辱の美尻』をピックアップ。それをAV界屈指の美尻で人気の小島みなみちゃんに見てもらった!

 

 

――今回のインタビューでは、オナホールについてお話を聞きたいと思います。取り上げるのは、このオナホになるんですが、第一印象はいかがですか。

小島みなみ(以下、小島):うわぁ~~。なんかすごいですね~。まさに「お尻!」って感じ(笑)。

――オナホの中でも大型の部類に入るお尻型のアイテムになります。

小島:プリプリの可愛いお尻ですね~~。女の子の理想のお尻っていう感じがします。あと、パンツを履いているのが可愛い! たぶん、普通のタイプはお尻丸出しだと思うんですけど、「パンツあり」っていうのは刺激的ですね~~。

 

 

――このアイテムは、アダルト漫画家のクリムゾン先生の作品から生まれたものなんです。

小島:そうなんですね~!

――作品は『1年間痴漢され続けた女―光月ユウナ編』で、その内容を軽く説明すると、凄腕の特命刑事である主人公の光月ユウナが、あるターゲットを追っているときに痴漢をされてしまい…という感じになります。

小島:凄腕の刑事なら痴漢なんて簡単に撃退できそうじゃないですか??

――確かにそうなんですが、光月ユウナは科学トレーニングを受けたときに、「関係のない一般人には手を出してはいけない」という教えを叩き込まれているんです。

 

※画像:『1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-屈辱の美尻』(マガこれ)

 

小島:あ! だから、痴漢のことは倒せないんですね!

――そのとおり! 光月ユウナは痴漢にあっても抵抗できないんです。ずっとされるがまま…なんです。しかも、光月ユウナのターゲットは毎日同じ時間に電車に乗るので、それを追う彼女も同じ電車に乗るわけです。となると、痴漢も同じ時間に乗り…。

小島:なるほど! それで1年間痴漢され続けてしまうんですね~。

 

※画像:『1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-屈辱の美尻』(マガこれ)

 

――そういうわけで、このアイテムは痴漢されているシーンの再現になります。パンティがズラされているのも、そのまま挿入されてしまう瞬間の再現なんですよ。

小島:うんうん! よくわかりました! 作品を読んでからこのアイテムを使うとすごく盛り上がりそうですね♪

 


『1年間痴漢され続けた女-光月ユウナ編-屈辱の美尻』

ぜひ、クリムゾン作品と一緒に!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • RSS