【エロ体験談】スタイル抜群の後輩に言い寄られ…結局、生ハメ

「どうしたんですか?」

「なんか、佐藤さんが可愛すぎて…」

「嬉しい♪」


 佐藤さんが細い腕を背中に回してきてキスをしてくれた。

 シャワーを浴び終えてベッドへ。まるで付き合い始めたばかりの恋人のように長いキスをした。

 キスをしながら胸に触れる。Fカップはあるであろう彼女の胸は、私の手には収まらないほどのボリュームだった。

 乳首をイジると彼女が「んっ」と声を漏らす。感度はかなりいいようだ。

 そのまま耳、首筋、胸、お腹や太股に舌を這わせる。彼女はカラダをくねらせながら甘い声を漏らした。

 その姿は、これまで私が抱いてきた女性の中でもトップクラスに美しかった。

 整った顔もさることながら、無駄な肉のないスレンダーな肉体は私を興奮させる。そして何より、大きな胸が私を刺激した。

 ついに彼女の局部に触れる。陰毛は薄く、そこは既にテラテラと光るほどに濡れていた。

 舌で舐め、指で中を愛撫する。彼女は、


「ダメっ、イクぅぅ!」


 とすぐに果ててしまった。

 私が「まだ舐めたりないんだけど」と言うと彼女は、


「うそ…。これ以上されたらおかしくなっちゃいますよ…」


 と、はぁはぁと喘ぎ続けた。

 

men's Pick Up