メンズサイゾー >  カルチャー >  スナックのトイレでホステスと…

場末のスナックのトイレでホステスとチョメチョメ 〜ブッ飛び素人モデルFile〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。



【ブッ飛び素人モデルFile 027】

ハメ撮ったホステスの店に客として飲みにいくと…!?/アケミ(49歳・スナックホステス)

 今も昔もオヤジ族のオアシスと言えば、近所のスナック。なんやかやと1、2万円が飛んでいくキャバクラと違って、3〜5千円でハウスボトル飲み放題ってな明朗会計の店が多く、時間を気にすることなく30〜40代の熟女ホステス相手に下ネタで盛り上がる。ほかの客に若い連中はまず見ないから見栄を張る必要もないし、酒好きの中年オヤジにはホント、居心地のいい場所なんですよね。

 というわけで、今回はホステスさんネタなんですが…。


「バツイチでホステスしてるんです。えぇ、中学生の息子がいるんですけど、今は独身。セックスですか? う〜ん、何年も空き家で蜘蛛の巣状態ですよぉ、あははは」


 その日、エロ本モデルの面接にやってきたのは…。おそらく酒焼けであろうハスキーな声が印象的な、自称46歳の厚化粧の熟女さん。見た目はもうちょい上って感じで、実年齢は50歳くらいってとこか。


「オナニーですか? 狭いアパートで息子とふたり暮らしなもんで中々できないんですよぉ。ほら、私って声出ちゃう方だから、あははは」


 なんて、面接してるんだかスナックで飲んでるんだか分からないような会話をしつつ、その2日後、熟女本用にハメ撮りさせてもらうことで交渉成立したんですが…。


「あぐはぁうッ、あがが…ぎもじいいッ」


 撮影当日、ラブホテルのベッドの上に全裸で寝転がる彼女は、獣のごとく性欲を発散させたのです。面接時に『中学生の息子が家にいるからオナニーできないの』なんて言ってた彼女ですが、充血したクリトリスは小指の先ほどに肥大。


(うは、オナニーしすぎる女性はクリがデカくなるって聞いたことあるけど、さては息子が学校行ってる間にオナリまくってるな?)


 と思うほどでした。


『場末のプリンセス スナック麻妃のママ 北条麻妃』

麻妃ママ! 通います‼

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週