僕はこうして初めての中出しをした【エロ体験談】

※イメージ画像:Getty Imagesより


 「普通に生活を営んでいる人たち」の生々しい性体験が知りたい!ということで、2017年2月に募集をはじめた【エロ体験談】。おかげさまで投稿は増え続け、当メンズサイゾーでも屈指の人気コーナーに成長しました。

 皆さまのエロ体験談はAV業界からも注目を集め、ついには大手AVメーカーのKMPさんが映像化に名乗りを上げてくれたほど。自分の体験した思い出を映像化したいという方は、ドシドシご応募ください! 詳しくはコチラまで。

 さて、何はともあれ今回も珠玉のエロ体験談をお届けします。


『僕はこうして初めての中出しをした・前編
投稿者:隔たり(25歳/男性)

 人生で一度だけ中出しをしたことがある。

 相手は、彼女でもなく、セフレでもない。

 たった2回――。たった2回会っただけの人に、僕は人生初の中出しをした。それが、僕の人生で唯一の中出しだ。

 

 大学3年の時。その頃の僕の性欲は、今思えば、すさまじかった。

 当時付き合っていた彼女とのデートは、ほとんどホテルだった。その彼女と別れてからも僕はいろんな人とセックスをした。

 美容師のお姉さんがセフレだったのもこの時期。彼女とも何度も生でセックスをした。だが、中出しは一度もなかった。

 ある日、美容師のお姉さんの家でセックスをした。朝から2回セックスをした後、お姉さんは仕事へ行き、僕は新宿に向かった。


「はじめまして。隔たりくん、だよね?」


 新宿駅東口の改札前で携帯をいじっている僕に声をかけてきたこの女性こそ、僕が初めて中出しをする女性だ。


「はじめまして、真実(仮)です。今日、隔たりくんとカラオケするの楽しみにしてたの」


 真実さんと僕はmixiで知り合った。あるアーティストのコミュニティで、僕と真実さんはメッセージのやり取りを始めた。

 お互いカラオケが好きなことがわかり、「一緒に行きましょう」と誘ったら、すぐに「行きたい!」と返事があった。この時点で、エロい話は一切していない。

 真実さんは僕より年上の27歳で、中学校の国語の先生として働いていた。身長は160センチくらいで、身体が全体的に細い。モデルようなスタイルで、ボブの髪型がとても似合っていた。

 カラオケに向かう途中、真実さんに「彼氏いないんですか?」と聞いたら、「いないよ」と返ってきた。そして、


「もう2年くらいいないから、けっこう寂しいよね」


 と真実さんは言った。

 それから、「僕はどうですか? 最近フラれたばかりなんで、あいてますよ」と冗談ぽく言った。この時期の僕は、美容師のお姉さんのセフレがいたりと、女性に対しての自信が妙にあった。つまり、調子に乗っていたのだ。

 僕の冗談に真実さんは、「さっき会ったばっかりじゃん」と笑う。続けて、「でも、フラれちゃったんだね」と言ってくれた。僕はセフレがいることを棚に上げ、「はい、だから真実さんと一緒で寂しいんですよ」と言った。

 カラオケは盛り上がった。お互い「上手!」と褒め合いながら、何曲も歌った。

 真実さんはテンションが上がったのか、「隔たりくんの歌ってる姿カッコいい」と褒めてくれた。調子に乗った僕は、「君を抱きしめたい」という歌詞を「真実を抱きしめたい」と替えて歌った。思い出すだけで恥ずかしいが、真実さんが爆笑してくれたので良かったと思う。

 真実さんが笑ってくれたので、「真実さんを抱きしめてもいいですか?」とサラッと聞いてみた。


「隔たりくん、なに言ってるの?」


 真実さんは困惑した顔を見せたが、「まぁハグくらいならいいよ」と言ってくれた。

 僕は「ハグなら、やっぱりいいです」と拗ねたふりをして、また歌い始めた。

 歌い終わった後、「真実さん、今日の夜はあいてますか?」と聞いた。

「今日の夜はあいてるけど、隔たりくんは予定あるって言ってなかったっけ?」

「はい、予定あるんですけど、その後にまた真実さんに会いたいなって」

「予定終わるの何時くらい?」

「21時くらいですかね」


 その日僕は、真実さんとカラオケに行った後、違う女性と夜ご飯を食べるつもりだった。しかし、真実さんが僕に対して好意的だったので、「押せばいけるのではないか」と考え、「夜に会いたい」と誘ってみたのだ。

 ちなみに、その日に夜ご飯を食べた違う女性とも後々セックスをするのだが、その話はまたの機会に。


「21時って遅いね」

「はい。なので、真実さんの家に行きますよ」

「え!? わたしんち?」

「うん、夜にまた出るのめんどくさいだろうから、行きますよ」

「でも、掃除とかしてないし…」

「じゃあ、真実さんが家を掃除できたら行きますね。疲れて掃除できなかったらまた今度にしましょう」


 そう提案して真実さんと別れた。

 21時になり、「真実さん、掃除しましたか?」とメールを送る。すぐに「掃除したから来ていいよ。駅まで迎えに行くね」と返ってきた。

 真実さんの部屋は、天井がとても高かった。屋根裏部屋に行けるようなハシゴがかかっていたので「あれなんですか?」と聞くと、「あぁ、ロフト?」と真実さんが答えた。

 その日初めて僕は「ロフト付きの部屋」というのを知った。


「あそこで布団敷いて寝てるの」


 そう言ながら、真実さんがフロアチェアに座る。僕はコンビニ袋からお酒を取り出し、彼女の隣に座った。

「この椅子、背もたれが調整できて便利なの」

「そうなんですか」


 背もたれを調整しようと思ったら、全部倒してしまった。その勢いで後ろに倒れた僕を見て、真実さんが笑う。真実さんの笑いが収まらないので、「もう酔ってるんですか?」と聞くと、「いや、ぜんぜん」と言われた。

 彼女の持っているお酒はアルコール度数が高かったので、「お酒強いんですか?」と聞いてみる。彼女は「そんなに強くないと思う」と言った。そのうち真実さんの頬が赤くなっていった。


「酔ったかもしれません」


 そう言いながら、僕は真実さんに近づく。彼女の目を見つめながら、少しづつ距離を縮めた。

 真実さんには避ける気配がなかったので、僕は「いける」と確信した。


「目、つぶってみて」


 真実さんは素直に目をつぶった。この確定した瞬間がたまらない。

 僕は真実さんの肩にそっと手をおき、彼女の唇に自分の唇を重ねた。

 少し離れ、またそっと重ねる。それを何度か繰り返す。少し離れた時、真実さんが自ら唇を重ねてきた。

 僕は右手を肩から後頭部にまわし、左手は右頬に優しくおき、ゆっくりと自分の方へ引き寄せた。

 ゆっくりと舌を出す。同じように真実さんも舌を出してきた。そこからねっとりとしたディープキスが始まった。


「んっ、んっ、んっ」


 真実さんがだんだんと積極的になる。僕が唇を離すと、「離れないで」とばかりにキスをしてきた。唇も舌も一切離さない、濃厚なキスを僕らは繰り返した。

 

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック