>   >   >  都内にちょんの間があった!?

【ニッポンの裏風俗】都内(?)で唯一ちょんの間があった街


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 大阪の五大新地は、現代に残る遊郭として風俗好きでなくとも有名だが、実は関東にもかつては「三大ちょんの間街」と呼ばれる街があった。

 その代表が横浜の黄金町であり、川崎の堀之内である。そして残るひとつが、町田の「たんぼ」と呼ばれる街だった。

 黄金町と堀之内は知っているけど「たんぼ」は見たことも聞いたこともないという人も少なくないだろうが、東京西部、町田駅の南口にその街はあった。

 JR町田駅南口は、賑やかな北口とは違い、駅前にはファミレスや大型家電量販店こそあるものの、ほかに目立つ建物といえばラブホばかり。そう、この一帯は、もともとそういう場所だったようだ。


 町田駅周辺は都県境が非常に入り組んでいる。駅舎の所在地は東京都町田市だが、駅前のファミレスは神奈川県相模原市であり、そのすぐ隣にあるビルはまた東京都だったりする。

 地権、利権共々なかなかに入り組んだ構造となっているのも、今となっては、ちょんの間ができたことにつながるような気がしてくる。ちなみに、「たんぼ」があった場所は、東京ではなく神奈川県である。


『ついに発見!! 世間から忘れ去られた過疎地でひっそりと営業する究極のちょんの間では時間無制限、中出しオプション標準装備で精子が果てるまで連続射精が体験できるらしい!! 徹底SCOOP!!第2弾』


美人が多かったりもするようで

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週