【ニッポンの裏風俗】望むものはすべてあった東北の大都会・仙台の夜

国分町の今後は…


 2005年頃、公共の交通手段はタクシーかバスしかなく、昼間の様子を知らない筆者には、「広く暗い街」という印象だったが、車が進むにつれてネオンギラギラのラブホやパチンコ屋が出現し、まるで砂漠の中に突如として現れるラスベガスの灯りのように感じた。

六丁の目にあった店舗型ヘルス、その1。
六丁の目にあった店舗型ヘルス、その2。
ネオンギラギラのアミューズメント施設。


 現在も国分町にはソープも店舗型ヘルスも残っているが、ピンクビラはもちろんのこと、本ヘルも六丁の目のヘルスもなくなってしまった。

 チェキオヤジが消えた後の立町には、その後も別のポン引きオヤジはいたが、当然、チェキも写メも持っておらず、試しに女のコをお願いしてみると、レベルの差は歴然だった。

 その後、震災・復興を経て賑やかさも戻った東北風俗のリーダー・国分町は、令和の時代には果たしてどんな風俗で楽しませてくれるのだろうか。

(写真・文=松本雷太)


デリヘルからちょんの間までロマンの風俗旅『松本雷太のニッポン風俗総研』はコチラ

■『ニッポンの裏風俗』過去記事はコチラ

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 唯井まひろ
  2. 風俗体験談
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 所沢ショーイチ
  5. トコショー
  6. 元デリヘル店長の回想録
  7. 世界一周エロ旅
  8. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事