>   >   >  春風ひかるがイキまくりAVデビュー

AV

Gカップ美少女・春風ひかるインタビュー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 

 昨年末にサービス開始となった配信特化型AVメーカー『FALENO(ファレノ)』に初の専属女優が誕生した。栄えあるFALENO専属女優第1号に抜擢されたのは、あどけない顔立ちからは想像もつかない成熟したボディを持つ春風ひかるちゃんだ!

 本日2月15日配信の『専属新人 19の春 AVデビュー』では、冒頭のインタビューこそガチガチに緊張しているものの、カラミが始まると途端にエロモードに突入するひかるちゃん。どこを愛撫されても感じてしまう超敏感体質の彼女は、前戯でも本番でも数え切れないほどイキまくる!

 しかも電マ&手マン責めでは、人生初の潮吹きをブチかます。フェラではノーハンド状態で献身的な舌使いを見せるなど、これがデビュー作とは思えないほど淫らな姿を見せてくれるのだ。

 今回、そんなひかるちゃんを直撃。すさまじいエロポテンシャルを秘めるひかるちゃんの記念すべき初体験(インタビュー)を奪ってきたので、ぜひ最後まで読んでほしい!

※春風ひかるちゃんの公式Twitterはコチラ

 

 

――事前にデビュー作を観させて頂きましたが、最初のインタビューではかなり緊張していましたね。

 

春風ひかる(以下、春風):緊張しいなんですよ~(照)。

――それにしては人前に出る仕事を選んでますが…。AV女優になることに抵抗はなかったんですか?

春風:う~ん。そんなに抵抗感はなかったかな。まあ、緊張はしましたけどね。

――デビュー作の『専属新人 19の春 AVデビュー』では、どんな気持ちで撮影に臨んだんですか。

春風:前日からかなり緊張していました。でも、現場に入るとスタッフさんが大勢いて…「自分のために、これだけ大勢の人が動いているんだから緊張している場合じゃない、しっかりしなきゃ」って思いましたね。

――それは素晴らしい心がけですね。

春風:でも、監督さんが「緊張してていいよ。それがデビュー作の魅力なんだから」って言ってくださって。「ムリしなくていいんだ」って思いました。

――最初はガチガチでしたけど、カラミが始まると堂々としていたし、かなり喘ぎ声も出ていましたよね。

春風:そうですか? 改めて、そう言われると照れますね…。たぶん思い切りがいいんだと思います。「よし、やろう!」と決めたら、やれちゃう(笑)。

■FALENOの春風ひかる公式ページはコチラ
■FALENO春風ひかるデビュー作『専属新人 19の春 AVデビュー』

 

 

――冒頭のインタビューで性感帯を聞かれ、ほぼ全身が感じるみたいなことを仰っていましたが、実際にそうなんですか。

春風:「これから気持ちいいことをするぞ!」って思うと、そういう世界に入り込むというか、何をされても気持ちいいんです(笑)。今回の撮影も普通に楽しんじゃいました。

――楽しんでいるのは画面からもよく伝わってきました。かなりイキやすい体質ですよね。

春風:「パチン!」とスイッチが入ると、イク感覚がずっと続く感じなんですよ。だから今回はカラミが終わった後がすっごく疲れた…。歩けなくなりましたからね(笑)。

――前戯でも本番でもイキっぱなしでしたからね。

春風:そういえば、撮影前に監督さんから「デビュー作って緊張するから、普段はイケる子でもイケなくなる」って言われたんです。それから「これでイケなくても、2本目で初イキ作品が出せるしね」って。でも私は「1本目で絶対イッちゃうと思います」って言ったんです(笑)。

――それぐらいイク自信があったと(笑)。確かに「イカセ物」かってぐらいのイキっぷりでしたからね。

春風:確かに(笑)。

――どんな体位でもかなり乱れていました。

春風:それも自分では覚えてないです(笑)。ただ、プライベートでセックスをするときは、自分から合わせにいくことが多いんですよ。気持ちいいところに自分から当てに行くんです。でも、男優さんが相手だと何も考えずいられました。それだけ男優さんが、いいポイントを突いてくれたんだと思います。

――電マと手マンで責められるシーンでは、豪快に潮を吹いていました。

春風:プライベートでも何度かハメ潮の経験はあるんです。でも、いわゆる潮吹きは今回が初めてで、「ヤバい、ヤバい。おしっこ漏れちゃう!」って(笑)。電マもほとんど使ったことないんですけど、すごく気持ち良かったです。

 

 

――ローターで乳首責めされたときも、かなり感じていましたね。

春風:最初は乳首にローターを当てられても大したことないだろうな~って思ってたんですけど、実際にやられてみるとめっちゃ気持ち良かった(笑)。

――フェラシーンはいかがでしたか。

春風:「うまくやろう」っていうのは、あまり意識しないようにしました。余計なことを考えると、エロスイッチが切れちゃうんですよね~。だから、男優さんのことだけを考えて、「気持ちよくなってほしい」って思いながら舐めました。

――デビュー作でいきなりノーハンドフェラをしているのには驚きました。何か監督さんから指示があったんですか。

春風:特に指示はなかった…。クセ、かな(笑)

■FALENOの春風ひかる公式ページはコチラ
■FALENO春風ひかるデビュー作『専属新人 19の春 AVデビュー』

 

 

――話は少し変わりますが、胸がすごくキレイですよね。Gカップでしたっけ?

春風:そうです。ちょっと太っちゃうとHになるんですけど、基本はGですね。

――大きさも素晴らしいですが、乳首もキレイで、まさに「汚れを知らない乙女」という印象を受けました。

春風:なんか照れますね…。

――ピュアな美少女が乱れていく姿には誰もがグッときますから、そのギャップが大きな魅力になっていると思いますよ。ちなみに、初体験はいくつのときですか?

春風:中学1年生の夏前ぐらいかな。

――お相手は?

春風:高校1年生の初カレです。

――どうやって知り合ったんですか。

春風:図書館(笑)。

――お、何だかロマンティックですね~。

春風:ある日、スマホを落としちゃったんです。それに気付かず自転車に乗って帰ろうとしたら、声をかけられて…。

――ドラマみたいな出会いじゃないですか!

春風:それから図書館で何度も会うようになって、何かの本の話で盛り上がって、「それウチにあるよ」って言うから遊びにいったんです。そういうことが何回かあって、交際することになったんです。

――これまたピュアな青春ラブストーリーですね。その彼との初体験というのは?

春風:付き合い初めて2カ月後くらいですかね。

――彼は童貞だったのかな?

春風:だと思いますよ。初体験の後は、彼の家に行くたびにエッチするような感じでした。1年半くらい続いたかな。

――その彼に鍛えられた部分もあるのかな?

春風:…かもしれません(笑)。

 

 

――それにしても新人とは思えないほど堂々としていますね。作品の中でもイキまくっていますし、今後が楽しみで仕方ありません。ご自分では、どんな女優を目指しているんですか。

春風:観る人によって性癖や趣味って違うと思うんですよ。でも、私はいろんな人に見てもらいたいので、「この子が出ているなら見る!」っていう感じで、ジャンルやカテゴリーを飛び越える女優に存在になりたい!

――ぜひ、いろんなエッチに挑戦してほしいと思います。今日はありがとうございました。

春風:こちらこそ、ありがとうございました!

(文=猪口貴裕/写真=石川真魚)

 

【春風ひかる】
誕生日:4月8日
身長:155センチ
スリーサイズ:B89・W58・H88(cm)
公式Twitterはコチラ

 

■FALENOの春風ひかる公式ページはコチラ

■FALENO春風ひかるデビュー作『専属新人 19の春 AVデビュー』

 



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週