メンズサイゾー >  アイテム >  アダルトグッズ× 吉本芸人

百戦錬磨の吉本芸人も「腰が砕けるような感覚」!? 「ローリングアナマイン」で未知の快感に目覚めよ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトグッズ研究所はクリスマスパーティの真っ最中。おたけ所長がグラスを両手にワインを待っているけど、助手の植野くんが持つワインのコルクに、アントニーくんが操るワインオープナーがなかなか刺さらない……。今月は秘密のホールをズボッと刺激してくれる、魅惑のアダルトグッズを実験しちゃいます。

cyzo18_1G_aone_main.jpg



――今回は、手軽にアナルオナニーができる「ローリングアナマイン」をセレクトしました。

アントニー ルックスはオシャレだけど、カタチはエグいですね。

植野 アントニーが握ると、もう突き刺す系の武器にしか見えないやん。

おたけ 実際、お尻の穴に挿入するわけだからな。そもそも、2人はアナルオナニーの経験はあるのか?

植野 ボクはないっすね。

アントニー オレもないです。というか、おたけさんはコレ入ります?

おたけ 根本までは厳しかったけど、先っぽだけならスルンと入った。

植野&アントニー スルンですか!?

おたけ アナルは挿れにくそうと思われがちだけど、先端さえクリアすれば、意外にすんなり入るよ。しかも、この「ローリングアナマイン」は先端が振動するだけじゃなく、根本のメタルボールも回転して責めてくるから、2種類の刺激による快感を味わえる。ぶっちゃけ、腰が砕けるような感覚だった。

アントニー そんなにですか!?

植野 ボクとアントニーにとっては未知の領域やね。

アントニー そういえば、これリモコンも付いているんですね。

おたけ 「ローリングアナマイン」はメタルボールの回転速度やパターンを変えられるんだけど、アナルに挿入しながらボタンを押すのは難しいだろ。でも、リモコンならすんなりモードを変更できるわけだ。

アントニー というか、おたけさんの場合は、どれだけアナルオナニーしているんだという話ですよ。

おたけ 慣れてくれば、アナルは常に挿れたくなるもんだよ。俺は今も挿れたいって思ってるからな。

アントニー 仕事中ですよ!

おたけ いやいや、お前らも積極的に開発していくべきだ。よし、アントニーくん、ちょっとトイレでこれを挿れてきてみな。

アントニー イヤですよ。なんで今なんですか!

――でも、この連載担当としては、2人に目覚めてほしいという気持ちもあります。

アントニー オレは挿れるよりも、女性に挿れたい派ですね。

おたけ 女性に挿入されるのもイイものだぞ。四つんばいになるのが、ちょっと恥ずかしくて快感というか。

植野 それはドMの人だけやと思うけど……。

アントニー でも、おたけさんはマジです。ちょっと前に、かなりドエロな女医さんとお知り合いになる機会があったんですけど、おたけさんは「浣腸してくれ」と頼んでましたからね。

おたけ それは誰でもしてほしいだろ。

植野 誰でも、ではないです。

おたけ うーん。でも、この「ローリングアナマイン」も、あの女医さんに挿入してもらいたいな。最近は、なかなか挿れてくれそうな女性と出会えていないから。

植野 でも、その女医さんみたいな人がいて、エッチの流れでこれを挿入されたら、ハマるかもしれへんね。だって、振動とか、回転する感じは気持ちええよ。

アントニー なんで、チンコに「ローリングアナマイン」を当ててんの?

植野 いや、どんな感じなのかなって。でも、マジでスゴイねんて。

おたけ おー、コレはかなりの刺激だな。アントニーにも当ててやろう。

アントニー いやいや、なんだこの状況。でも、確かに刺激はスゴイな。

植野 そやろ。次は実際にお尻に挿れてみたら?

アントニー だから、イヤだよ。それはおたけさんに頼めよ。

おたけ 俺はいつでもOKだぞ。それじゃ、早速……。

――だから、ここではダメです!

(構成=丸山大次郎/写真=斎藤大嗣)


cyzo18_1G_aone_ama.jpg


『ローリングアナマイン』発売/エーワン 価格/6,264円(税別)

“回転”と“振動”という2つの快感で責めまくるアナルバイブが登場。なめらかなボディの先端部分には超強力なバイブレーターが搭載されていて、アナルの奥底まで刺激してくれる。さらに、根元部分に内蔵されたメタルボールはリズミカルに回転! ブルブル、グルグルのダブルアタックは、想像をはるかに超えた快感を実現させてくれる。また、付属するリモコンで、挿入しながら手軽にモード変更も可能。未体験の刺激と抜群の操作性を味わえば、もう今までのアナルオナニーには戻れない!

『A-ONE』

アダルトグッズの総合卸売メーカー。新商品開発から卸売り販売、マーケティング・サポートと、アダルトグッズに関するさまざまなニーズに応える。

公式HP〈https://www.a-one-tokyo.com

 

cyzo18_1G_aone_sub.jpg

アダルトグッズ研究所

[写真左から]アントニー(マテンロウ/1990年、東京都出身)、おたけ(ジャングルポケット/1982年、東京都出身)、植野行雄(デニス/1982年、大阪府出身)の3人によって設立された研究機関。前連載から継続しておたけが所長となり、アダルトグッズの魅力を仲の良いハーフ芸人2人に教授していく。



今、あなたにオススメ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • RSS