【エロ体験談】絶倫シングルマザーに食われ続けた地獄の日々

 だが、M子の懸念どおりT子は陰気なオーラを放っており、友人たちはスルーを決め込んでしまう。幹事のオレは責任を感じ、彼女の相手をすることにした。結局、その日はオレにとって苦痛でしかなく、悪夢のような時間となってしまった。

 さらに、帰り際にM子が余計なことを言う。


「T子、Sさんと連絡先交換しなくてええの?」


 オレは「ヒェ〜ッ、勘弁してくれぇ」と内心思いながらも営業スマイルで連絡先を交換。女の子たちと別れた後、男だけで居酒屋で飲んでると早速T子からLINEが入った。


「今日はありがとうございました〜♪ Sさん優しくて緊張せずに楽しく過ごせましたぁ」


 これにオレは「こちらこそありがとう。T子ちゃんを独占してもうた。ごめんな」と返す。M子の友人ということで、大人の対応を心がけたのだ。その後、友人たちと深夜までガンガン飲んだ。

 次の日、ふたたびT子からLINEが入った。


「Sさん、おはようございますっ! 何してるんですか?」

「まだ寝てた。ちょっとコンビニへ行って飲み物と食料を調達してくるわ!」

「私、買っていきましょうか?」


 二日酔いでフラフラなオレはこの誘惑に負け、お願いすることに…。

men's Pick Up