【ネットナンパ】“わたし、脱いでもすごいんです!”ボディの女のコ!!

Ilustrate by ながおか


 この猛暑で、食欲が絶賛減退中の筆者。アイスクリームとアイスコーヒー以外を口にする気が起きず、健康的な食生活とは程遠い状況だ。

 それでも性欲を持て余し、週に5日のペースで射精する日々を送っている。思えば、こんな食生活をかれこれ30年近く続けている。体が適応してしまい、意識せずともザーメンを作り続けているのだろう。

 そんなわけで、今日も今日とて出会える系サイトでエッチの相手探しに奔走するのだった。


———————–
男性慣れしていなのでドキドキです(汗)

こういうサイトを使うのは初めてなので、すごく緊張しています。

見た目に自信がないので、それでも構わないと言ってくださる男性を希望しています。

この年で恥ずかしいのですが、経験も数えるくらいしかないので…。

優しくリードしてくれる年上の方でお願いします。

急なんですが、今日の夜に新宿でお会いできたりしますか?


書込み日時:8/0* 16:09
受付メール数 :0/15

♀ワカ(若葉マーク)
20代後半
———————–


 この書き込みは、筆者愛用の出会える系サイト【ワクワクメール 】で発見したものだ。20代後半でエッチの経験が数えるくらいしかないということは、かなり奥手なのかもしれない。

 それに、容姿に対しての自信のなさがなんとも奥ゆかしいではないか。容姿の自信のなさだったら、筆者だって負けてはいない。だからこそ、嘘偽りなく心の底から優しく接することができるのだ。

 そんなわけで、このワカちゃんにアタックすることにした。


———————–
初めまして、ワカさん。

都内の会社員、ショーイチ・36歳です。

偶然、サイトでワカさんの書き込みを見つけました。

優しいくらいしか取り柄のない私ですが、是非ワカさんと楽しい時間を過ごしたいです。

18時以降でしたら、何時でも都合をつけられるので検討してもらえたら嬉しいです。
———————–


 いつものファーストメールよりかなりアッサリ目の内容だ。普段なら「写メを送りますね」と一言添えるところだが、今回はあえてその作戦を封じた。

 なぜなら、こちらが写メを送ることにより、「もしかして私も写メを送らなきゃ失礼になるの?」と女性が変に勘違いしてしまうことがあるからだ。

 ワカちゃんのように自分の容姿に自信がないコに対して、気持ちを萎縮させるようなメールはご法度だろう。

 10分後、ワカちゃんから返信メールが届いた。いつものように数回メールをやり取りし、あっさりと約束が成立した。

 

men's Pick Up