中出しセックスをせがむギャル系キャストとの一夜

 問い詰める様に、徐々に顔を近づけながら私に迫ってくるカエラ。


「ごめんね。風俗嬢だからとかじゃなくて、今は仕事を頑張りたいって気持ちが強くて…」


 まぁ、それはもちろん嘘だ。

 彼女なんて存在を作ってしまったら、今の様にたくさんのキャストと関係を持つことができない。悟られない様に、彼女からの誘いをやんわりと断る。


「そうですか…。あっ、でも彼女じゃなくてセフレとかならどうですか?」

マジか!!


 嬉しすぎる気持ちを表情に出さない様、必死に唇を噛み締めた。

「そ、そりゃカエラは可愛いし、嬉しいけど…本当にいいの?」

「えへへ…。それでも嬉しいんです」


 頬を赤らめながらニッと歯を出して笑うカエラ。

 その笑顔に思わず心を奪われそうになってしまう。

「じゃあ、さっそくホテル行っちゃいます(笑)?」

「やる気マンマンだね…、でもちょっと楽しみだよ。行こうか!」


 私たちは居酒屋を出てタクシーを捕まえ、ラブホテルへと向かうのであった。

men's Pick Up

風俗関連トピック