メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】ジムでセフレゲット

【エロ体験談】「なんとなく」からセフレができた話


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 テレビで微笑むアイドルよりも、よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。


『「なんとなく」からセフレができた話
投稿者:カンピオーネ(32歳/男性)

 去年からジムに通い始めた。なんとなくカラダを絞りたくなったのだ。

 ジムは最寄駅のそばにあり、仕事が終わった後に直行することが多い。最初のうちはひとりで黙々とトレーニングをしていたが、よく見かける女性がいたので、思い切って声をかけてみた。

 彼女は俺のひと回り年下で独身。就職した途端に運動する機会が減ったため、ジムに入会したらしい。学生時代に運動部に所属していて、「カラダを動かさないと調子悪いんですよね」と笑っていた。

 彼女とは次第に仲良くなり、あるとき食事に誘ってみるとすんなりOKが。何が食べたいか聞くと、「ビールが飲みたい」と言うので近くの焼き肉屋へ行った。

 汗を流した後のビールは最高だ。それを俺はオッサン的な考えだと思っていたが、彼女も同じだったみたい。俺たちは肉をがっつり食べ、ビールをたらふく飲んだ。

 かなり酔ったことでムラムラしてきた俺は、彼女のことをどうにか落とせないかと考え始めた。

 しかし、落とすもなにもなかった。どうやら彼女もまたエロい気分になったようで、「今日は朝まで平気ですから♪」と腕をつかんできたのだ。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週