現役薬剤師グラドル・加南子が男を弄ぶ! スケスケ衣装でアダルトな艶ショット連発

※画像:『加南子/東京艶花』ラインコミュニケーションズ


 現役の薬剤師で、『ミスアラサーちゃんコンテスト』グランプリに輝いた加南子ちゃんが、イメージ作品『東京艶花/』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。スレンダーながらGカップの美巨乳を誇る彼女が、アダルトな魅力を振りまいている。

 今年に入って芸名を「松村加南子」から「加南子」に変えた彼女が今作で演じるのは、キャスティング会社で働くOL。上司と後輩の間で揺れる恋心を艶っぽく演じてくれた。

 

※画像:『加南子/東京艶花』ラインコミュニケーションズ


 まずは、パソコンのキーボードをリズミカルに打ち、テキパキと仕事をこなす加南子ちゃんのシーン。白シャツに黒のタイトスカートという格好は、シンプルながらも凛々しくて美しい。

 後輩とふたりきりになった彼女は、メガネを外して悩殺ショットを連発。カラダをくねらせ、スカートをゆっくりと持ち上げ、「とろん」として目つきで後輩を見つめる。それからシャツのボタンに手をかけ、セクシーなブラをチラ見せ。そのままスカートを床に落とし、お尻を突き出しながら胸の谷間をアピールして後輩を悶絶させた。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック