メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】セフレの一言

【エロ体験談】セフレに言われた衝撃の一言


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 テレビで微笑むアイドルよりも、よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。


『セフレに言われた衝撃の一言
投稿者:ともよ(39歳/男性)

 俺には3年ほど前から関係を持っているセフレがいる。

 俺とセフレは出会い系アプリで知り合った。お互い後腐れなくエッチを楽しめる相手を探していて、家が近かったことや何となく気があったことから関係が始まった。

 最初のうちは週に1回くらい会っていたが、今では月に1回ほど。彼女が俺の家に来て、軽く会話をしてから、それぞれがシャワーを浴び、エッチをするというのがお決まりになっている。

 セフレに特殊な性癖はなく、俺も変な趣味はないので、いたってノーマルなエッチをする。彼女は結婚願望などがほとんどないそうで、彼氏を作る気もないらしい。俺とエッチをするのは、「ストレス発散」だと言っている。

 俺も彼女と似たようなところがあって、誰かと一生一緒にいるなんて考えられない。しかし溜まるものは溜まるので、それを発散させるためにセフレは必要だと思っている。

 そんな感じだから、俺とセフレは長く続いているのだと思う。だが、最近のセフレはセックスに乗り気じゃないようで、合体中もほとんど声を上げない。

 それとなく「どうしたの? 気持ち良くない?」と聞いてみると、「別にそんなことないよ」と言う。その声のトーンは明らかに冷めていた。そこでしつこく聞くと、「体調の問題だと思うけど…おチンチン、こんな感じだったっけ?」と言われた。

 「こんな感じって?」と聞き返すと、「なんていうか、最近、柔らかくなった気がする」と小さな声で言われてしまった…。

 今年40歳になる俺は勝手に若い気でいたが、そんなことはないらしい。セフレの一言に衝撃を受けた俺は、効果があるのかわからないが、食事に気をつけ、ジムに通うようになった。


【エロ体験談・賞金レース開催中!】
エロい話を投稿して、賞金をゲットしよう!
詳しくはコチラまで

【エロ体験談専用Twitter!】
アカウントは「@ero_talk_zanmai」です。
ぜひフォローしてください! よろしくお願いします!

【エロ体験談募集中!】
メンズサイゾーでは、あなたのエロい経験を募集しています。
投稿フォームから、どしどしご応募ください!

こんなエロ話、お待ちしております。
【エロいい話】エロいけど妙にほっこりする話。
【マジであったエロい話】ウソみたいなエロ体験談。
【思い出のチョメチョメ】いまだに心に残っているセックスの話。
【性の目覚め】性に目覚めた瞬間の話。
【男のサガ】男なら仕方がないと思えるエロ体験談。
などなど。もちろん、以上のカテゴリーにハマらないエロ体験談もOKです!
これまで人に話さなかった秘密のエロエピソード、ぜひお聞かせてください!

注意事項:特定の名称や人物がわかる表現、法律に反する内容はお控えください。また、投稿記事はオリジナルの内容に限らせて頂きます。(近親相姦・スカトロ・獣姦・未成年はNG)



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週