メンズサイゾー >  アイテム >  大人の玩具 >  アダルトグッズ× 吉本芸人

店頭では即完売! まったく新しい大人のおもちゃ「すぅ」で吉本芸人も美女を攻略!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人たちが『月刊サイゾー』誌上にて、未知なるアダルトグッズを徹底的に研究する!

 

 セックス・トイの新たな可能性を模索するアダルトグッズ研究所。その実験棟を覗いてみると、所長のおたけが助手の植野&アントニーと一緒にペットボトルロケットの製造に勤しんでいた。でも、よ~く見ると先端部分のノーズコーンがとってもあやしげなんだけど……。今月はロケットよりも激しく女性を昇天させる魅惑のグッズを紹介する!

おたけ 今日は女性用のアダルトグッズについて研究してみようと思う。

――実験テーマは乳首を責める吸引ローターの「すぅ」になります。

植野 えーと、吸引ローターですか? 初めて耳にするんやけど……。

アントニー パッと見た感じはオシャレなデンマみたいですね。

おたけ この「すぅ」は先端部分にあるくぼみが吸引口になっていて、そこに乳首やクリトリスを当てるとギューッと吸い込んでくれるというシステム。まずは2人とも、指を入れてみなさい。

植野 これ、結構な吸引力ですね。

おたけ ボディに3つ並んでいるボタンの一番上を押すと、7パターンの吸い込みリズムを変更できるぞ。

アントニー ホントだ。押すごとに違ったリズムで吸い込んでくれますね。

おたけ しかも、この「すぅ」は吸引だけではなく、振動による快感を同時に味わうことができる。

植野&アントニー 振動ですか?

おたけ 真ん中のボタンを押すと、先端部分が振動する仕組みになっている。こちらも7種類の振動パターンを搭載していて、違った快感を味わえるんだ。

植野 ほんまや。吸い込みに振動がプラスされることで、気持ちよさがアップしますよ。振動と吸引のパターンを自由に変えて、自分好みの快感を探せるのは女性もうれしいんじゃないかな。

アントニー 女性向けのグッズは、ローターやデンマというイメージでしたが、今はこんなグッズもあるんですね。

――この「すぅ」は店頭に並べると即完売するほどの人気なんだそうです。

おたけ デザインはオシャレで、マッドなシリコン素材の肌触りもバツグン。製品としての品質が向上していることもあって、女の子もアダルトグッズに抵抗を感じなくなっているんだろうな。

アントニー そういえば、行雄ちゃんと一緒に女の子と飲んだときに、デンマの話になって「ボクは使わない、行雄ちゃんは使う」と言ったら、それまでボクに興味がありそうだった子が「デンマ使うの? 行雄ちゃん!」って、食いつく、食いつく(苦笑)。

おたけ まぁ、その娘が特別にエロいという可能性もあるけれど。

植野 ボクたちみたいなハーフとエッチしたい女の子は、そもそもエロいんですよ。なにせ、いろいろな性のハードルを越えてきているので。

おたけ 性のハードル?

アントニー エッチに慣れていない娘が、いきなりハーフってのはないでしょ。いろいろな男性とエッチしたり、アダルトグッズでオナニーしたりという過程を経て「そろそろ外国人でもいってみるか」という感じになる。なので、アダルトグッズへの探求心がハンパないのかもね。

おたけ それなら、お前たちは「すぅ」を実際に使わせてもらえよ。

植野 うーん、今は行雄軍団が解散しちゃったからな~。

おたけ 行雄軍団?

植野 エッチしたいときに呼び出す女の子たちのことです。でも、ボクは2017年、六本木のホステスとの二股疑惑を報道されたやないですか。あの一連の騒ぎで、惜しまれつつも解散しちゃったんですよ。あの娘たちは「さっさとデンマ出せ!」くらいの猛者だったのに……。

おたけ あー、あの“最弱の芸能報道”と呼ばれたやつな。

アントニー ボクは今日、「デンマが好き」と話していた娘から誘われているので、「すぅ」を使おうと思います。

おたけ 必ず使って次回、報告しろ。

アントニー イイですけど、報告って何すればいいんですか?

植野 動画を撮って見せればええやん。

おたけ そうだ。動画を見せるということにしよう。

――それはいろいろダメです!

(構成=丸山大次郎/写真=斎藤大嗣)

 

 

『すぅ』 発売/エーワン 価格/6,480円(税込)

乳首やクリトリスを吸って、震えてのダブルムーブで絶頂へと誘う吸引ローター界の革命児が登場。7つの吸引パターンと振動パターンを自由自在に選ぶことができるので、自分好みの刺激と快感に出会える。また、吸引口の大きさが異なる2つのアタッチメントを搭載。乳首とクリトリスで交換すれば、絶妙なフィット感でパワーを逃さずに極上のオルガズムを味わえる。バッテリーはUSB充電式なので、手軽にチャージできるのも便利。「すぅ」のスイッチを入れれば、バイブやローターでは知ることのできない快感の扉が開かれるはずだ。

 

『A-ONE』

アダルトグッズの総合卸売メーカー。新商品開発から卸売り販売、マーケティング・サポートと、アダルトグッズに関するさまざまなニーズに応える。
公式HP〈https://www.a-one-tokyo.com

 

アダルトグッズ研究所

【写真左から】植野行雄(デニス/1982年、大阪府出身)、おたけ(ジャングルポケット/1982年、東京都出身)、アントニー(マテンロウ/1990年、東京都出身)の3人によって設立された研究機関。前連載から継続して出演しているおたけが所長となり、アダルトグッズの魅力を仲の良いハーフ芸人2人に教授していく。



今、あなたにオススメ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • RSS