【元デリヘル店長の回想録】各風俗店のNo.1キャストが一堂に会するイベントで分かった人気嬢の共通点


【一般のキャストとは違い、自分を『個人事業主』として自覚している】

 よく風俗店のキャストは、「個人事業主」に例えられる。

 それは、風俗という業種が完全歩合制であることや、税金が自己申告である部分などからその様に考えられ始めたのだが、特に強い意味合いで使われるのが、


「店舗に集客を頼ってはいけない」


 ということだ。

 一般的な風俗キャストは、「お店から給料を貰っている」と考えている。

 お店がお客様を呼び、その顧客をサービスして、お給料としてお金を頂くこと、それが自分の立場であると勘違いしているのだ。

 これに対して、多くの収入を得ている人気キャストは、顧客からお金を沢山貰うことで、自分の収入が上がるという考え方をしている。

 風俗店は、あくまで合法的に新規の顧客を紹介してくれる仲介業者であり、


「自分という商品に価値がなければ、大きく金を稼ぐことはできない」


 と自負しているのだ。

 それと同時に、

「たくさん稼ぐためには、自分をリピートしてくれる、多くの本指名客が必要だ」


 ということも理解している。

 だからこそ、No.1キャストとして君臨し続けることができるのだろう。

 また、彼女たちが店舗に求めるのは、

新規顧客の集めやすさと自分の働きやすさ


 のふたつだけであった。

 普通は、スタッフが優しいだとか、待機室の居心地がいいとかの条件が挙がるものなのだが、彼女たちはまったく違う。

 とにかく、大きな金を稼ぐために繋がるための環境を追い続ける人間が多く、

「自分の店自体に特別な思い入れなどはない」


 というキャストが多かった。

 彼女たちは皆、

“自分は個人事業主であり、店舗は利用するための場所である”


 という共通の考えを持っていたのだ。

men's Pick Up

風俗関連トピック