小倉優香、話題の『やれたかも委員会』で童貞を惑わす“山なみボディ”

※イメージ画像:TBS・MBSドラマ『やれたかも委員会』公式Twitter(@yaretakamo_tv)より

 グラビアアイドルで女優の小倉優香(19)が、1日深夜放送のドラマ『やれたかも委員会』(TBS系/MBSでは先月29日放送)で生々しいセクシーショットを披露した。

 このドラマは、SNSを中心に反響を呼び書籍化もされた吉田貴司による同名コミックの実写版。多くの男性が経験したことのある「やれたかもしれない夜」を題材に、「やれたかも委員会」の面々がそのエピソードを検証しながら「やれた」のか「やれたとは言えない」のかをジャッジするという内容だ。

 やれたかも委員会のメンバーを演じるのは、佐藤二朗(48)、山田孝之(34)、乃木坂46の白石麻衣(25)の3人。彼らのもとに「やれたかも…」という儚い想いを抱えた相談者がやってきて、長年の疑問にひとつの区切りをつける。今回、その相談者の“やれたかもしれない相手”として登場したのが小倉だ。

 「山なみ編」と題されたこの日のエピソードは、間宮祥太朗(24)演じる増田伸照の高校時代のやれなかった思い出。当時、 地方都市のファーストフード店でバイトをしていた増田は、同じ店で働く年上の小倉扮する倉橋由美子に「みんなで映画を見よう」と誘われ、彼女の家へ遊びに行く。このとき増田は由美子のことをほとんど意識していなかったが…。

 由美子の家で映画を見終わると、一緒に来たバイト仲間のカップルがふたたび食料の買い出しに出かける。すると、部屋には由美子と増田のふたりきり。増田は2本目の映画を由美子と一緒に見るが、彼女のスラリと伸びる生足が気になって仕方がない。しかも彼女は肩出しタイプのニットセーターを着ており、ブラジャーのヒモがチラチラと見える。童貞だった増田は、緊張しながらも徐々に興奮し始めた。

men's Pick Up

ニュース関連トピック