抵抗するも男の力には勝てずヤラれるうちに快感が…哀しき女のサガを描いたヘンリー塚本監督原作『力づくの和姦』

CASE.4「義父と娘、力づくの和姦」聖菜アリサ
 夜遅くまで勉強中の娘。そこに血の繋がりのない父が「早く寝なさい」と入ってくるが、どうにも様子がおかしい。胸元の開いたキャミソールにショートパンツと露出度の高い娘の体をジロジロと視姦しながら、「彼氏いるのか? もうセックスしたのか?」「いい体してるな」と下品な言葉を浴びせてくる。「気持ち悪い!」と叫ぶ娘だったが、時すでに遅し、父は娘をベッドに押し倒して襲いかかってきた。

 

20170902FA_009.jpg※画像:『力づくの和姦』より
20170902FA_d.jpg※画像:『力づくの和姦』より

 
 母は入院中で、泣き叫んでも家には他に誰もいない。娘は抵抗むなしく服を剥ぎ取られ、クンニを施された後に、バックから犯される。それでも拒絶反応を示していたが、正常位に体位変換する頃には、父の老獪なセックステクニックにやられて感じてしまい、接吻まで交わすのだった。セックスを終えると、父は「また頼むわ。あいつ(母)には内緒でな」と下品な笑顔を浮かべて部屋を去っていき、娘はただただ悲しげな表情を浮かべるのだった。
(文=猪口貴裕)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック