抵抗するも男の力には勝てずヤラれるうちに快感が…哀しき女のサガを描いたヘンリー塚本監督原作『力づくの和姦』

20170902FA_c.jpg※画像:『力づくの和姦』より

 
CASE.3「温泉宿の仲居、犯されて味わうオルガスムス」加藤あやの
 とある温泉宿。熱心に働く仲居を見て、ギラギラした目を光らせる坊主頭の宿泊客。その夜、男は仲居の部屋に待ち伏せして、仲居が入ってくると包丁を持って襲いかかる。恐怖で無抵抗状態なのをいいことに、男は一気に服を脱がせて、たわわな胸を揉みまくる。続いて、布団に押し倒し、手際よく浴衣の帯で仲居の両手を後手に縛り上げてクンニ攻撃。「やめて!」と叫ぶも聞く耳を持たず、そのまま立ちバックでインサート。

 

20170902FA_005.jpg※画像:『力づくの和姦』より
20170902FA_011.jpg※画像:『力づくの和姦』より

 
 仲居は嫌がりながらも、膣奥を突かれる度にアエギ声を奏でてしまう。途中で肉棒を抜いてマンコ観察やイラマチオなど、男はとことん女の肉体を楽しみ、最後は正常位でハードピストンを繰り返して発射。あまりに激しいレイプに、しばし仲居は下半身を痙攣させて放心状態に陥るのだった。

 

20170902FA_010.jpg※画像:『力づくの和姦』より

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック