超ハイスペックグラドル・志崎ひなた、最新イメージ作の「下乳推し」にファンの期待高まる


 その一方、昨年5月には深夜バラエティ『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京系)でダイエットに挑戦したことも話題に。当初は体重60キロだったが、1か月半のダイエットで53.1kgまで落とし、約7キロの減量でゴージャスボディにさらなる磨きをかけた。

 そんな志崎の記念すべき20代初のイメージ作品は、過激度がグーンと上昇。ジャケット写真では自慢の「まん丸おっぱい」の下乳が丸出しになっている眼帯ブラを身にまとい、ゴージャスボディの魅力が全開になっている。

 裏ジャケットでは色とりどりのさまざまな水着をまとっていることが確認できるが、その大半で下乳や横乳が見えてしまっているという露出度の高さだ。20歳になったことで大人の色気が出ており、ダイエットによって自信がついたことでセクシーポーズも以前より堂々としているように感じられる。

 また、志崎は今月15日と16日に自身のブログで今作のチャプターごとの見どころを自ら紹介。「今までの作品で1番王道グラビアっぽいスチール」だというジャケット写真の仕上がりに感動したことを明かし、さらに「濡れたり動いたりが多くておろしヘアーが少なめだから雰囲気が少し変わるかも」「ポニーテールもポイントかな」「天気が良くて映像もスチールも綺麗」などと解説しつつ、作品のラストは「セクシーで大人なしっとりシーン」に急変すると予告している。

 これにネット上の男性ファンからは「なんか…ますます可愛くなってる」「三角ビキニ楽しみ」「おっぱいの血管の浮き具合が相変わらずすごい」「水着似合ってて可愛い」などと絶賛コメントが寄せられており、リリースに向けて期待が高まっているようだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック