ビキニ美女とのエロくて切ない夏の思い出

ビキニ美女とのエロくて切ない夏の思い出の画像1※イメージ画像

エロ体験談『ビキニ美女とのエロくて切ない夏の思い出』投稿者:みるみる(24歳/男性)

 昨年の夏の終わり、俺は友だちとふたりで海に行った。目的はナンパ。まあ、正確に言うと「ナンパできたらいいな~」ってくらいで、ホントのところはビキニ美女を見ることだったけど…。

 全国的にも有名なビーチに行ったので、うじゃうじゃとビキニ美女がいた。俺たちは到着してすぐに目的を達成したことになる。なので、何だか急にヤル気をなくしてしまった。

 そんな俺に予期せぬ幸運が。海の家でラーメンを食っていると、ビキニ美女に声をかけられたのだ!

 

「お兄さんたち、ふたり?」

 

 黒いビキニがやたら似合う茶髪のお姉さんが言ってくる。日焼け具合からして、かなり海に来ているようだ。

 俺は最初、自分に話しかけられているとは思わなかったので、何も返事をしなかった。すると、そのお姉さんは俺の真横に座ってきた。

 

「え!? どうしたんすか」

 

 俺がドギマギしているのを見てお姉さんは笑う。それから、「ナンパしにきたけど、ダメだったタイプ?」と言われた。

 俺が「いや…ナンパなんて…」とまごついていると、お姉さんに「ガンガン行かなきゃ! けっこう男前なんだから大丈夫!」と肩を叩かれる。どうやらお姉さんは地元の人間で、暇を持て余していたらしい。

 それからしばらく話していると、お姉さんが「私も昔はよくナンパされたんだけどな~」と寂しそうにつぶやく。それを聞いて、「俺がナンパしましょうか」とふざけた感じで言うと、彼女は「ホント!?」と嬉しそうに微笑んだ。

 真っ白な歯が眩しくて、俺は素敵な人だなって思った。それから、ビールを一緒に飲んで楽しく過ごした。

 時間はあっという間にすぎて、気づけば夕方。俺と友だちがそろそろ帰ろうかと思っていると、お姉さんに「ウチ、近くだから飲みに来ない?」と誘われた。実家が居酒屋をやっているらしい。

 俺が速攻で「行く行く」と返事をすると、友人は「帰る」と言った。何か用事があるらしいが、たぶん俺に気をつかってくれたのだと思う。

 とにかく、俺は彼女と店で飲み直すことに。しかし、店には誰もいなかった。

 

「実は、こないだ閉めちゃったんだよね~」

 

 経営が厳しかったのか、売り払うことにしたらしい。

 

「店の上に住んでたから、実家もなくなっちゃうんだ。秋から私は東京に行くの」

 

 詳しい事情は聞かなかったが、彼女は寂しそうな顔をしていた。この街を離れることがイヤなのかもしれない。

 しばらく飲んでいると、「上、行かない?」と誘われて彼女の部屋へ。

 部屋に入るなり、いきなり彼女に抱きつかれた。そのまま押し倒されるようにベッドに入り、激しくキスをされる。俺は何が何だかわからないまま、彼女と関係を結んでいた。

 その後、ベッドの中でウトウトしていると、「最後の思い出、作りたかったんだよね」と彼女が明るく言う。

 

「ビーチで素敵な人にナンパされて、最高のアバンチュールを経験したかったんだ」

 

 俺が「また会おうよ」と連絡先を聞いても、彼女は教えてくれなかった。別れ際、彼女は「ひと夏の恋だよ」と言ってきたが、その笑顔はあまりにも眩しすぎた。俺は今年の夏も、あの海に行こうと思っている。

 

【エロ体験談募集中!】
メンズサイゾーでは、あなたのエロい経験を募集しています。
投稿フォームから、どしどしご応募ください!

ビキニ美女とのエロくて切ない夏の思い出の画像2

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック