「すぐヤレそうでもいいかな」橋本梨菜、甘えん坊キャラ全開の飲み姿がエロすぎると話題


 その後も橋本は、ディレクターに自分の食べたおつまみの残り半分を食べさせるなど、男なら思わずドキリとする姿を見せる。そして、ディレクターに「理想の告白」を聞かれると、気になる男性とふたりで飲みに来たというシチュエーションを自ら設定し、カメラに向かって「今やで言うのは。今言うべきやで。はよ」と、大阪出身らしく可愛らしい関西弁で告白を迫る。これにディレクターが「好きやで」と答えると、「梨菜もめっちゃ好きやで」とカメラに向かってキスした。

 可愛らしくもアグレッシブな橋本を目にした劇団ひとり(40)は、「やられちゃいましたね。可愛いね~。絶対ヤレるじゃん!」と大興奮。スタジオでVTRを見た橋本も、自分のことを「ヤレそう…」と言うのだった。

 一方、藤木は終始しっぽりとした飲み姿を披露。大人の女性といった感じの彼女と一緒に飲んだディレクターは、仕事を忘れて恋をしてしまったようだ。また、和地はスタート時から白ワインをガブ飲みして大暴走。ボトル2本分を飲み干した彼女は、「イッちゃう?」「とりあえずチューしとく?」とハレンチな言葉を連呼し、ベロベロの状態で審査終了となった。

 この結果、関西弁で甘えん坊キャラ全開だった橋本が6代目チャンピオンに。橋本は「すぐヤレそうでもいいかな」と喜びを語り、飲みカワGPの第6弾は幕を閉じた。

 この橋本の姿にはネット上の男性ファンからも、「テレビの企画とはいえエロすぎる」「こんなコと飲んでみたい」「最高すぎるだろ」といった興奮の声が続出。橋本といえば、「日本一黒いグラドル」として知られるが、今後は甘えん坊なキャラでも注目を集めるのかもしれない。

men's Pick Up

ニュース関連トピック