日本一のおっぱい美女・中岡龍子、横乳あらわな「童貞を殺すニット」に男性視聴者が興奮


 また、中岡は自身のInstagramに同じ衣装で横乳をあらわにした楽屋前ショットを掲載。こちらも「横乳がたまりません?」「童貞殺しニット、似合う!」「この服を着こなせるのは世界で一人ですね!」などとファンを喜ばせている。

 中岡が優勝した『美おっぱいコンテスト2016』は女性らしい理想のバストを追及する目的で開催され、インパクト抜群の大会名や「1次審査は胸の写真だけ」といったユニークな審査方法で話題に。現役のモデルやグラドル、ダンサーなど有名人が多数参加していたが、当時「女優志望のフリーター」という異色の経歴だった中岡がグランプリに選ばれた。

「一目見て分かるように95センチのFカップという大きなバストですが、その形は『神の造型』と呼べるほどの美しさ。ノーブラでもまったく形が崩れず、その完璧さがグランプリ受賞の決定打になったようです。同コンテストは女性視点で『美しい』『カッコいい』というバストを選ぶ趣旨でしたが、中岡さんのおっぱいは男女関係なく魅力的。メディア出演するたびに男性層から『日本一のおっぱい』に熱い視線が注がれており、今回もかなりの反響になったようです。また、イヤらしい視線で見られてもまったく臆さずに堂々としているところがカッコよく、男女問わず支持が高まっていきそうなタイプですね」(アイドルライター)

 今月1日に放送された『アップデート大学』(テレビ朝日系)で「2017年ブレイクすること間違いなしのタレント」のひとりとして取り上げられるなど、グランプリ受賞後は順調にメディア露出が増加。おっぱい画像が満載のInstagramが人気を博すなど着実にファンが増加しており、今後も動向から目が離せない存在といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック