マン汁、唾液、汗まみれ…制服が似合いすぎる水嶋アリス、化粧が落ちるほどの激しい交尾

tokosyo_av_542TP.jpg※画像:『制服美少女と性交 水嶋アリス』ドリームチケット

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第542回

 
 2013年にAVデビューした水嶋アリス(みずしま・ありす)チャン。デビュー当時からロリ系女優として活躍していたが、23歳となった現在もロリっぷりは衰えるどころか磨きがかかる一方だ。

 今回紹介する作品は、そんなアリスちゃんの『制服美少女と性交 水嶋アリス』。ジャケット画像での制服姿の彼女は、まるでお人形さんそのもの。こんな美少女の性交を拝めるとは、本当に日本のAV業界の頑張りには頭が下がる思いである。

 作品は、まず軽いインタビューがあり、すぐにプレイに突入する。真昼間のシティホテルでの撮影で、照明は窓から入ってくる自然光のみ。この柔らかい光のおかげで、彼女のロリ顔が一層映えて見えた。作られたものではなく“自然なナマの交尾の模様”といった感じで、筆者の興奮度はますます高まることに。

 そして、ヤバいくらいセーラー服が似合うアリスちゃんのパンティだけが下ろされ、念入りなクンニが行われる。この時のアヘ声がとにかく強烈で、それは

 
え? これってレイプもの?

 
 と勘違いしてしまうくらいだった。アリスちゃんは、顔面をクシャクシャにしながら、時折苦悶の表情すら浮かべる。しかし、その叫び声は間違いなく彼女のアヘ声なのだった。

 なによりエロかったのは、アリスちゃん自ら腰をわずかに浮かし、男優の舌がより奥に届くようにしていたこと。そして、時々チラッとクンニ中の男優に視線を送る様も素晴らしかった! これは、クンニされるだけでは満足できず、視覚でも興奮したいという彼女のスケベ根性の表れだろう。

 その後、四つん這いにさせられ、アナルをガンガン舐められるアリスちゃん。初めは恥ずかしがっていたが、舌先でアナル内部をホジくられると、これまた絶叫!! 下半身をヒクヒク震わせながら感じまくってしまうのだった。

 アリスちゃんは挿入が始まっても感じまくり、騎乗位ではベテラン女優顔負けの激しい腰振りまで見せる始末。ロリロリした顔と腰の動きのギャップも激しくて最高!

 ラストは、大量のザーメンを舌上に発射され、即座にゴックン。トロンとした目をカメラに向け「美味しい」とつぶやく姿が印象的だった。

 その後も、フェラ奉仕からの口内発射ゴックンシーンが連続で続き、最後はロープで拘束されてのプレイへ。

 制服姿のまま上半身を縛られるアリスちゃん。両手は背中側に回された状態で、一切の自由が効かない。そしてM字開脚の姿勢となり、電マと手マンでねちっこくマンコを攻められることに。

 ここでも金切り声の絶叫をあげ、ピュルルルルと何度も連続で潮をふくアリスちゃん。こんな幼い顔して感度抜群とは…。攻め好きの筆者にしてみたら、一晩中でも攻めていたくなるタイプだ。

 挿入が始まると、自ら男優にヒシっと抱きつき、ディープキスを交わしながら感じまくるアリスちゃん。汗だくになり、化粧も落ち、ほぼスッピン状態に。ただでさえ幼い顔はますます幼く見え、背徳感がマシマシになってしまうのだった。

 クライマックスは、「精子飲みたい!」と自らリクエストして、お望み通り舌上発射からのゴックンとなる。

 そんな激しい交尾の後、感想を聞かれたアリスちゃんは、「今度はナマでしたいです」と語るのであった。

 大人しい感じのジャケットとは裏腹に、ハードなシーンの連続だった本作『制服美少女と性交 水嶋アリス』。マン汁、唾液、汗まみれで交尾する姿が目に焼き付いてしまうくらい強烈な作品だった。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 所沢ショーイチ
  3. 元デリヘル店長の回想録
  4. ドスケベ女の性事情
  5. トコショー
  6. 唯井まひろ
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事