8カ月で60本超の出演を誇る大人気ロリ系AV女優・埴生みこ! ハンパないザーメン愛に感動!!

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第499回

 2016年3月にAVデビューした埴生みこ(はにゅう・みこ)チャン。アイドル然とした可愛さを誇り、この8カ月間で60本以上もの作品に出演する人気のロリ系女優だ。

 今回紹介するのは、そんなみこチャンの『愛しのザーメンアイドル 可愛い女の子の濃汁ごっくんと顔面シャワー 埴生みこ』。ザーメンアイドルという謎の存在を目指してトレーニングに励む内容で、みこチャンがどんな頑張りを見せてくれるのかを楽しみに観賞を開始した。

 まず最初の特訓は、目隠し状態でお題のアイテムに触り、それが何なのかを当てるというもの。初めはブラシやバナナといった無難なものがお題となるが、そのうちギンギンに勃起した状態のチンコが差し出されることに。

 手探りでチンコを触るみこチャンは、それが何なのかまったく分からない様子。匂いを嗅いだり、先端を舐めたり、竿を咥えても答えに辿りつけないのだった。

 時間切れとなり、目隠しを外したみこチャンは、目の前のチンコにビックリする。 

 
激しめのフェラチオをしておきながら、分からないワケないだろう!

 
 とツッコミたくなるが、このフザけた設定にちゃんと乗っかっているみこチャンは、実に自然。おかしさのあまり笑いだしても不思議ではないが、最後までアイドルを目指すウブな少女を貫いていた。

 結局、目隠しクイズに正解できなかったので、罰ゲームとしてザーメンをゴックンすることになるみこチャン。唇と舌を巧みに使いながら、男優を見つめてフェラチオを再開する。そして、舌上に出された濃厚汁をグビビと喉を鳴らして飲み干すのであった。

 お次は、バランス感覚を鍛えるトレーニングだ。極小サイズの水着を着てバランスボールの上に座るみこチャン。そんな彼女に対して電マ攻撃が行われる。

 さらにバイブが挿入されると、みこチャンはトレーニングそっちのけで感じまくってしまう。そこからチンコが挿入され、何度も頂点に…。ラストは、これまた舌上にザーメンが発射されてゴックンを披露するのだった。

 こんな具合にヘンテコなトレーニングが続いていくが、なかでも筆者が驚いたのは、M男クンを相手にした痴女プレイだ。

 くるぶしで男優の乳首をコネ回したり、チンコを足コキしたり、ちんぐり返しの体勢で濃厚なアナル舐めを披露したりと、かなりレベルの高い痴女プレイだった。さらに、そんなプレイの最中、途切れることなく淫語でM男クンをいたぶり続けていたのである。

 観ているだけでトロけそうになってしまうくらいロリ可愛い彼女のクチから、淫乱熟女顔負けのエッチな言葉が出てくる様子は、めちゃシコものだった!

 こうして散々弄んでから、M男クンに跨って騎乗位挿入。小さい身体を懸命に上下させ、スピーディーな腰振りで攻め立てていくみこチャン。

 すぐにM男クンはイキそうになってしまうが、それを察知するとマンコからチンコを吐き出して寸止めする。M男クンに感情移入しながら観ていた筆者は、思わずキンタマが痛くなってしまう。そんな寸止めが何度も何度も行われた後、正常位の体勢でフィニッシュを迎えることに。

 すると、みこチャンはすぐに上体を起こし、M男クンのチンコに装着されていたコンドームを外しにかかる。ここでもゴックンプレイが行われるのだが、その時、コンドームが外された直後のチンコの先っぽから残り汁が垂れそうになる。それを目ざとく発見したみこチャンは、

 
そうするのが当然とばかりに、パクっと先端を咥える!!

 
 コレには完全にヤられてしまった。これは半ばハプニング的なものなので、台本や演出ではないだろう。垂れそうになったザーメンをもったいないと思い、脳で考えるよりも早く身体が反応したといった感じなのだ。実に素晴らしいザーメン愛だ。

 ほんの一瞬の出来事だったが、そのシーンに感動した筆者は、何度も何度も巻き戻して繰り返し再生したのであった。

 収録時間130分の間に、ゴックンプレイが5発分、そして顔射プレイが5発行われた本作『愛しのザーメンアイドル 可愛い女の子の濃汁ごっくんと顔面シャワー 埴生みこ』。以前から彼女のファンだった筆者だが、改めて本作でみこチャンの演技力の高さや機転の良さを思い知らされた。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up