石田ゆり子に“ギャップ萌え”する男性続出中! 癒し系インスタでファン層拡大


 ネット上の男性たちからは「可愛すぎてとても47歳には見えない」「なぜかエロスを感じる」「石田ゆり子に包み込んでほしい」「いつまで可愛んだ」「こんなお姉さんがほしい…」などと大好評となっており、癒しと同時に大人の色気を感じている人だ多いようだ。

 放送中の『逃げるは恥だが役に立つ』においても、当初は主演の新垣結衣(28)の可愛さばかりが注目されていたが、ストーリーが進むごとに新垣演じる主人公の伯母役で出演している石田の美貌を称賛する声が増加。美人で仕事もできる“独女”という石田のプライベートに通じる役柄であることも好評の一因となり、ネット上では「ガッキーに負けてない」「一番可愛いのは石田ゆり子」といった声も上がった。

 近年のドラマは初回が最も視聴率が高く、右肩下がりに数字を落としていくのが通例。しかし『逃げ恥』は初回から視聴率が毎週アップするという異例の快進撃を続けており、最新の8日放送の第5話は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。このドラマの絶好調ぶりも相まって、石田の魅力があらためて広まることになったといえそうだ。

 さらにInstagramで見せる「ギャップ」が人気上昇に大きく影響したという。

「長年にわたって石田は女優として活躍していますが、なぜか独身という謎があった。それがキャリアウーマン的なイメージを形成し、どこか近寄りがたい雰囲気を漂わせていました。しかし、Instagramではまったく飾らずに少女のような無邪気さを垣間見せ、それが激しい『ギャップ萌え』を生み出している。これは石田の輝かしい女優キャリアに加えて、スッピンであっても男性層が沸き立つほどの美貌を維持しているからできること。今まで謎に包まれていたプライベートを披露したことによって、新たな一面を見せてくれそうです」(芸能ライター)

 これまで石田はアラフォー・アラフィフ世代のファンが多いといわれていたが、最近はドラマとInstagramの効果もあって20代・30代の男性たちからも憧れの存在として注目を浴びるようになっている。47歳にして新たな魅力まで開花し、輝きは増すばかりとなりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック