最強のギャップ萌え爆誕…筋肉アイドル・才木玲佳のムキムキすぎるボディに大反響


 グラビア界で肉体とルックスのギャップといえば「ロリ巨乳」というジャンルが昔からあるが、彼女は別次元の扉を開いたといっても過言ではない。

「かつては守ってあげたくなるような儚げなイメージがアイドルの必須要素だったのですが、近年はアイドルの割れた腹筋が『セクシー』だと感じる男性ファンも増加。女性の鍛えられた肉体美に魅力を感じる男性が珍しくなくなっています。しかも、才木さんの場合は顔立ちだけ見れば正統派のアイドル。これほどのギャップはアイドルの歴史の中でも前代未聞ですから、新次元のギャップ萌えのパイオニアといえそうです」(アイドルライター)

 才木は武藤敬司(53)率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスル・ワン)」のオフィシャルサポーターとして結成されたアイドルグループの一員として活動しており、ダイエット目的でキックボクシングを始めたことをきっかけにトレーニングを開始。昨年は格闘技の試合に出場し、さらに同団体が設立したプロレス学校に入門。アイドル活動をしながらプロレスラーデビューを目指している。

 といっても筋肉一辺倒というわけではなく、慶應義塾大学出身の才女。近年のアイドル界は「個性」「キャラ」が重要視されるが、強力すぎる武器をいくつもそろえている異色の存在となっている。「筋肉アイドル」は好き嫌いが分かれそうなジャンルかと思えたが、Twitterのフォロワーが瞬く間に1万人を突破するなど話題沸騰の状態。このまま新ジャンルの第一人者としてブレイクする可能性もありそうな注目の逸材だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック