>   >   >  最強おねえさん卒業に「ロス」発生  > 2ページ目

「たくみロス」が早くも蔓延!? “歴代最強おねえさん”三谷たくみからバトンを渡された小野あつこのプレッシャー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  


 また、ジャニーズの生田斗真(31)も昨年のバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、「会いたい人」として三谷を指名。弟のフジテレビアナウンサー・生田竜聖(27)の娘である姪っ子と番組を鑑賞しているうちに「どんどん好きになっちゃって」と、共演を熱望した。しかし、残念ながら『しゃべくり』に三谷が出演することはなかった。生田ほどの人気俳優のオファーとなれば三谷も快く受けそうなものだが…。

「うたのおねえさん就任中は、『おかあさんといっしょ』以外の番組には、NHKも含め出演NGと言われている。子どもからのイメージが何よりも最優先されるため、恋愛はおろか結婚も禁止で、事故防止のために車の運転やスポーツ全般もダメ。悪天候で帰れなくなることを憂慮して海外旅行もNG項目とされています。

 さらに、月曜から金曜は朝から晩まで収録やリハーサルに費やされ、週末は地方で番組関連のコンサートがあるため、1週間働きっぱなし。しかも、月収はNHKの契約社員と同様で30万円ほどだと言います。もちろん、厳しい環境以上に大きなやりがいがあるのでしょうが、今後の番組のためにも待遇改善は必要な気がします」(芸能ライター)

 超ハードスケジュールを、笑顔で8年もこなした三谷。そんな彼女の勇退を惜しむ声が後を絶たないのは、当然といえるのかもしれない。

 その三谷からバトンを受け継いで、21代目「うたのおねえさん」を務めるのが、都内の音大大学院に在学中の小野あつこ。童顔で可愛らしい印象の三谷とは違い、落ち着いた雰囲気の彼女は、元AKB48の前田敦子(24)に似ていると早くもネット上で話題になっている。番組ディレクターは、「たくみおねえさんの代わりを見つけようというのはやめた。継続性とフレッシュさを考えた」と選考理由を語っており、あえてキャラクターの異なる小野を抜擢することにしたようだ。

 歴代トップクラスの人気を誇った三谷の後任とあって、小野のプレッシャーは相当なものだろう。4月4日から登場予定の小野には、ぜひ新しい「うたのおねえさん」像を作り上げてほしい。


『お天気お姉さんの休日 穂川果音』


お天気お姉さんもスキ♪

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週