AKB48の“デブキャラ”島田晴香、減量ダイエットに成功も今後の方向性に不安!?

 AKB48の島田晴香(22)が、9日深夜放送のバラエティ番組『指原カイワイズ』(フジテレビ系)に出演し、今後の方向性に迷っていることを明かした。

 HKT48の指原莉乃(23)がメーンMCを務める同番組には、毎回スタジオゲストとしてAKB48グループのメンバーがゲスト出演する。冒頭では、指原が彼女たちの注目ポイントを紹介するのが恒例となっており、今回の島田については「もともとデブキャラだったが、ダイエットに励んで減量に成功した」と報告した。

 観覧席からは拍手が巻き起こったが、レギュラーキャストのお笑い芸人・山崎弘也(39)は、「デブキャラだったのに痩せちゃっていいんですか? キャラを捨てたということだけど…」とコメント。それを聞いた島田は、「道に迷ってますね…」と困惑気味に答えたのだった。

 最大で59キロあった体重を46キロまで落としたという島田。数年前から自他ともに認める“デブキャラ”で、ファンの間ではそのイメージが浸透していた。そんな島田にとっては、減量ダイエットの成功に複雑な思いがあるのかもしれない。

「『マシュマロ女子』といった言葉が誕生し、ぽっちゃりした女性にスポットが当てられることも多くなりましたが、アイドルたちのスタイルが変化したとなれば、ファンからさまざまな意見が飛び交う。島田さんもデビュー当時はスッキリとしたスタイルだったのですが、徐々に体型が変わってきて、ファンからも『どんどん太っていくな』といった声が寄せられていました」(ネットライター)

men's Pick Up

芸能関連トピック