島崎遥香、AKBグループ内で孤立? 主演映画も大爆死で「みんなの元へ帰りたい」


「島崎が体調を崩しているのは事実でしょうが、喘息の治療で握手会やイベントを欠席した直後にフランスで遊びまわるなど『ワガママ』に感じられることが多々ある。ファンをないがしろにするような発言も目立っていますが、運営サイドから注意されることもなく、それどころか映画の主演や『ぱるる選抜』という企画がスタートするなど特別扱いされている。総合プロデューサーの秋元康氏から格別の寵愛を受けているのも周知の事実ですし、これではマジメにやっているメンバーたちから疎まれるのは仕方ない。孤立しているとすれば島崎の問題というより、運営サイドが彼女を甘やかしすぎたことが大きな原因でしょう」(芸能関係者)

 島崎が握手会を休みたがったり、アイドルファンをないがしろにするような発言ばかりしているのは「女優が目標だから」という指摘もある。しかし、前述した主演映画『劇場霊』は23日発表の全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)で7位と大爆死。ネット上では「唖然とするほどガラガラ」「観客が自分一人だけでビックリした…」などといった衝撃的な報告が上がっており、島崎ファンですら「客が少なすぎて嫌な予感しかしない」と不安を口にする惨状になっている。

 華々しい女優人生の幕開けとなるはずだった作品が大コケ濃厚。島崎の「早くみんなの元へ帰りたい」という言葉は偽らざるホンネなのかもしれないが、果たしてメンバーたちは温かく迎えてくれるのだろうか。

men's Pick Up

ニュース関連トピック