清純派若手女優・黒島結菜、ギャル女子高生姿で注目度アップ! 瑞々しいセクシーさでも話題に

151123_kurosima_tp.jpg※イメージ画像:『黒島結菜 2016年カレンダー 壁掛けB3』トライエックス

 関ジャニ∞の錦戸亮(31)が主演を務めるドラマ『サムライせんせい』(テレビ朝日系)に出演する女優・黒島結菜(18)のギャル姿が好評だ。

 黒江S介の同名コミックを実写化したこのドラマは、幕末の志士・武市半平太が150年後にタイムスリップし、現代人の家に居候しつつ、元の時代に帰る方法を模索するというコメディ作品。

 黒島は、武市が居候する家に住む長男のガールフレンド役を演じている。もともとは名門の女子高校に通う清楚なお嬢様だったが、ギャルが好きな彼のために一念発起して派手なつけまつ毛をするようになったというキャラクターだ。

 黒島自身人生初だったというギャルメイクは、放送前から話題になっていた。黒島といえば、多くの人が今年の春からイメージキャラクターに起用されているアサヒ飲料「カルピスウォーター」のCMやポスターで見せた「黒髪のショートカット美少女」を思い浮かべるようで、清純イメージの強かった彼女がギャル役を務めることにファンも驚いたのだろう。

 一部では、黒島にギャルは“ムリがある”といった声もあったが、ドラマが始まると、そのハマりっぷりに称賛の声が寄せられた。お嬢様がギャルに変身するという設定上、さまざまなウィッグを試したり、必死にメイクの勉強をしたりする姿もあり、そうした素直で一途な部分は、もともとの彼女のイメージに近いものであったようだ。

men's Pick Up

芸能関連トピック