石原さとみ似の色気を漂わす若手女優・吉田里琴、大人びた魅力で子役イメージから見事に脱却


「子役というとマスコット的な可愛さが取り上げられることも多いが、吉田さんの場合は、それに加えて当時から正統派の美女という声も大きかった。そういった評価があったからこそ、年上の共演者に囲まれた『メイちゃんの執事』でも、存在感を発揮することができたのでしょう。現在では、さらにそのビジュアルが進化しており、10代ならではのみずみずしさと大人の女性の美しさをあわせ持っているといった印象です」(芸能ライター)

 子役時代に注目を集めた場合、当時の印象をなかなか拭えない女優もいる。だが、吉田は、コンスタントに出演作を重ねながら、子役イメージからしっかりと脱却しつつあるようだ。

「16歳ということもあって、吉田さんはまだまだ成長途中といえますが、どことなくセクシーな魅力を感じさせるところがあり、それが彼女の大人びた印象につながっているのかも。一部では、そのセクシーさが女優の石原さとみさん(28)に似ているといった指摘もある。石原さんも、正統派美女と言われ、なおかつ色っぽい雰囲気でも人気を集める女優ですから、吉田さんも年齢を重ねるごとに女性としての魅力が評価されそうです。まあ、女優のイメージは演じる役柄も大きく関係しますので、今後の出演作品によってはまったく違うタイプになるのかもしれませんが…」(前同)

 吉田と同年代の女優には、すでに連ドラ主演を果たしている広瀬すず(17)や、アイドル界に旋風を巻き起こし、今後は女優業にも積極的に進出しそうな橋本環奈(16)、子役からのシフトチェンジを図っている「まいんちゃん」こと福原遥(17)など、ライバルも多い。そうした中で、大人びた魅力を持つ吉田が、どのような女優に成長するのか、今から目が離せそうにない。
(文=aiba)

men's Pick Up

ニュース関連トピック