エプロンかワイシャツか…人妻コスプレ萌えるのどっち?


 その店には二十代前半から四十代後半までの幅広い層の女性が在籍していて、気になったオプションのコスプレが2種類あった。しかも、キャンペーン中で無料だという。もちろん、どちらかしか選べないので、迷った筆者は、それぞれのプレイを楽しむために2度プレイすることにした。

 まずは、リノさんという小柄でショートカットの似合う二十代後半の若妻がお相手になった。

 シャワーの時に見た一糸まとわぬ姿は、Cカップながらも形の良いバストに、くびれたウエスト、小ぶりのヒップが、いかにも可愛らしい若妻だ。

 指定したコスチュームを着たリノさんは、「よろしくお願いしま~す!」と明るくニッコリと笑い抱きついてきた。

 そして彼女は、「“アナタのヤツ”を借りちゃったから、私には大きくてブカブカよ。ほら、袖から手が出な~い!」とおどける。そう、彼女が着ていたのは男モノのワイシャツだ。不倫中のふたり&突然のお泊りで、彼が彼女にパジャマ代わりにワイシャツを貸した、というシチュエーションである。

 たしかに、小柄なリノさんには、いろいろな意味でよく似合う。そして、左手の薬指の指輪が背徳感を演出していて、見ているだけで萌えに燃えてしまう感じだ。

 ワイシャツのボタンを外しながら、「旦那さんに嘘をついてお泊りだなんて、エロい人妻だな…」と設定を伝えつつ卑猥な笑みを浮かべる。すると、「イヤよ。今はあの人の話はしないで!」と、それに応えるリノさん。その言い方はかなりリアルで、“不倫プレイ”であることを忘れてしまいそうになった。

 その後、彼女の「もっと刺激的なことをしようか?」という言葉をキッカケにバスルームへ移動。「いいわよ、さぁ、かけて!」とシャワーノズルを渡すリノさん。つまり、ワイシャツの上から濡らせというのだ。

 当然のことながら、彼女の乳首やボディラインが濡れたシャツ越しに浮かび上がる。この『着たままシャワープレイ』は、思ってはみてもなかなか実行には移さないことのひとつだろう。実際に私生活でやるとなれば、片づけをひっくるめて面倒だし(笑)。風俗であれば、そういった心配がまったくないのがいいところだ。そのままキスしながら手コキをされて、立ちバック素股でフィニッシュを迎えた。

 さて、第2ラウンドだ。「ありがとうございました」というスタッフの声に送られて店を出る、と見せかけて振り返った瞬間に「もう1回、プレイしたいんだけど」と言ってみた。呆気にとられるスタッフだったが、もうひとつの方のコスプレを試したい旨を伝えると、サービスでポイントを2倍加算してくれた。これはラッキーだ!

men's Pick Up

風俗関連トピック