添い寝だけで100万円…森下悠里&おのののか「グラドルのパトロン事情」暴露に視聴者驚愕


 人気グラドルの杉原杏璃(33)は夕刊紙のインタビューで「話は聞いたことがある」「業界人から誘われたこともあった」と告白。さらに杉原は深夜バラエティー番組で「一晩200万円の芸能人デリヘルがある」とも暴露し、共演した春菜めぐみ(25)からは「私の友達、2人やってる」という衝撃発言まで飛び出した。

 また、同じくグラドルの小林恵美(32)は雑誌の編集者から「この子、寝技職人だよ」と聞かされたことがあると語っており、矢吹春奈(30)はスタッフから聞いた話として「海外ロケで夜にアイドルの子がカメラマンさんの部屋をノックしたりとか…」という事例があることを明かしていた。

「枕営業や援助交際をしているグラドルがいるのは周知の事実。世間の関心も高く、グラドルたちにしてみればテレビで使える鉄板ネタです。しかし、もし自分が関係しているとなれば致命傷になるため、必ずといっていいほど『私は違うけど』『聞いた話ですけど』といった前置きがつきます(苦笑)。ですが、業界人がグラドルに直接交渉することは稀で、大半は森下の暴露にあったように先輩グラドルが紹介するケースが多い。みんな他人事のように話していますが、枕営業や援助交際に関わっているグラドルは少なくないはずです」(芸能関係者)

 暴露ネタは間違いなくウケるが、もし「パトロンがいる」という印象になればイメージダウン。そのダメージを最小限に抑えるために「一部の子だけど」「私は違うけど」といった言い方になるのだろうか。グラビア業界の競争は激化しているだけに、暴露合戦は今後さらに過激化していきそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック