ハイテンション&セクシー! May J.、「ハシゴの旅」で生歌&胸チラの大サービス


 さらにMay J.は、ロケ当日が誕生日だという男性に出会うとバースデーソングを歌い、大ファンだと言われれば、そこでもまた彼女の代名詞的な歌といえる映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版の主題歌『Let It Go~ありのままで~』を全力で歌い上げるのだった。

 サービス精神旺盛なMay J.は惜しげもなく歌声を披露したが、テレビの前にいる男性ファンも魅了した様子。放送中からTwitterなどには、「お尻が可愛い」「胸元がセクシー」「やっぱり美人だし、スタイル抜群だな」といった声が寄せられており、ルックス面でも話題に。居酒屋で丸椅子を持ち上げたシーンでは、ざっくりと開いたニットから胸の谷間をチラリと見せており、多くの男性視聴者の視線を釘づけにしたようだ。

「セクシーさをウリにしたタレントの場合、同じようなシーンでも、どうしても計算高さが目についてしまいますが、そもそもMay J.さんは歌手ですし、そんなことはハナから求められてません(笑)。だからこそ、こういった自然に出た日常的なエロさが、ネット上では盛り上がる傾向にあります。お酒の力でタレントとしてのガードみたいなものが緩くなったりもしますし、そういった意味でこのコーナーを楽しみにしている人も多いようです。

 May J.さんは『アナ雪』ブレイク時、あまりにも同じような体裁でメディア露出し続けたこともあり、徐々にあきられ、その後、急激にバッシングされることになりました。一時は、そのまま一発屋として消えるのではないかといった声もありましたが、歌手としての実力はもちろん、その美貌にも定評はあったわけで、きっかけさえつかめば、いくらでも再浮上すると思いますよ。この『ハシゴの旅』は彼女のおおらかさだったり、持ち前のサービス精神などが発揮されているので、好感度アップは当然ですが、今回の放送にかぎっていえば、エロさというミラクルが起きたカタチでしょうか(笑)」(ネットライター)

 「ハシゴの旅」の中では、自身のオリジナル曲『本当の恋』も披露したMay J.だが、正直なところ『Let It Go』の方が一般の人も盛り上がっていた。今回、思わぬセクシーさで男性視聴者を魅了したMay J.には、そろそろオリジナル曲でヒットを飛ばしてほしいと願うファンも多いと思うが…。
(文=kamei)

men's Pick Up

ニュース関連トピック