【世界風俗探訪・韓国編】 美人床屋の思わぬお土産

151011_myondon_tp.jpg韓国・ソウルの明洞付近

 言葉もロクに通じない、風習も違う国をあてもなく旅をする…。その国で出会う異文化は刺激的であり、エンターテイメントでもある。そして、男として気になるのが『風俗』だ。異国の地で風俗店に飛び込むことはスリルがあるからこそ、虜になってしまうのだろう。

 海外では自分が住んでいる日本との違いに驚くことがたくさんある。同時に、あまりに似ていて驚くことも。今回、紹介するのは15年前に初めて訪れた大韓民国(以下:韓国)の首都・ソウルでの出来事である。

 それは11月の中旬のこと。東京から来た身としては、ソウルに吹く風がやけに冷たく感じた。カラダを温めようと食堂に入ると、キムチやナムルがドカドカとテーブルに運ばれてきた。これは料理をオーダーすると付いてくる、いわゆるサービスだ。東京に住んでいるソウルからの留学生が、「日本ではキムチやナムルが有料だったので驚いた」と話していたことを思い出した。

 料理を待っている間に、やや酸味の強い白菜キムチを食べていると、店のオバチャンが、「キムチは先週漬け始めたから、それは去年のものなの。酸っぱいでしょ?」と話しかけてきた。それはそれで美味しいので「大丈夫!」と答え、牡蠣チゲでカラダを温めてから再び街へ繰り出した。もちろん、目的は風俗だ。

 現在、日本国内の韓国風俗というと、やや廃れてしまった感は否めないが、鶯谷を中心としたコリアンデリヘルだろう。しかし、15年前は『アカスリ』が主流であった。もちろん、垢をするだけではなく、性的サービス込みで、神田や秋葉原などの雑居ビルの中に店を構えていたものである。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 唯井まひろ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 所沢ショーイチ
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. パンチラ連載
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事