「プライベートなことをAKBに持ち込まない」正統派アイドル・渡辺麻友のプロ意識に賞賛の声


 ただ、渡辺もプライベートの顔が明るみになったことがないワケではない。昨年10月には、彼女のInstagramの裏アカウントの存在が発覚し、そこでは大ファンであるフィギュアスケートの羽生結弦選手(20)について「マネージャー許可降りたら羽生くんとお付き合いします」と綴っていたり、羽生選手の大好きなくまのプーさんのぬいぐるみを彼に見立てて「羽生くんぺろぺろ」「ケツから突っ込まれる羽生くん」とのコメントを添えていた。“正統派アイドル”、“優等生キャラ”のイメージが強かった渡辺からは想像もできないような裏の顔であったが、意外にも好意的に受け止める人も多く、ネットでは「人間味があっていい」「こっちのまゆゆもおもしろい」との声があがった。しかしその後も、渡辺は以前と変わらずひたむきな優等生キャラを貫いている。

「Instagramの裏アカウント流出もさほどイメージダウンしなかったのは、渡辺さんがこれまで一度のスキャンダルも出さずにアイドルとして頑張ってきたためでしょう。彼女が築いた“正統派アイドル”のイメージは強固で、並大抵のことでは崩れないのかもしれません。

 いまやアイドルや女性タレントは、SNSやバラエティー番組での暴露ネタの乱用が目立ちますが、その分ファンの“どんな子なのかもっと知りたい”といった願望をかき立てることが少なくなっています。アイドルのロールモデルは時代とともに変わるものですが、例えば昭和時代のアイドルは全く生活感がなく、いつ何時でも“アイドル”でいることが魅力のひとつでした。渡辺さんのスタンスはそれを彷彿させ、今回明かしたAKBメンバーとの付き合い方でさらにその印象が強まったともいえます」(芸能ライター)

 ひたむきさとミステリアスさを崩さない姿勢で、アイドルの中でも貴重な存在となりつつある渡辺。彼女のプロ意識は、これからもファンの心をつかんで離さないだろう。
(文=サ乙)

men's Pick Up

芸能関連トピック